石筵登山口から巡る秋の安達太良山【前編】

福島県の山

僕の福島県で初めて登る山として選んだのは安達太良山(1700m)。10月に安達太良山の南側にある石筵(いしむしろ)登山道から山頂を目指す事にしました。

2019年は台風19号の上陸で関東・東北地方を中心に甚大な災害が起きましたが、安達太良山にもその爪痕が残っていました。例年ならば10月の時期に見れるはずの美しい紅葉が、風で吹き飛ばされてほとんど見られなかったのです。

でもブナの深い森を歩いて心が安らぎ、沼ノ平の荒涼した景色を見て気持ちが躍り、遮るもののない主稜線の爽快さに感動した安達太良山登山日記です!

登山した日-2019.10.21

1.石筵登山道から目指せ安達太良山!

真夜中に自宅を出て東北自動車道を車でひた走り、石筵の登山口に辿り着いたのが午前3時過ぎ。空を見上げると星空が広がっています。今日の福島県の天気予報は晴れのち曇り。低気圧が日本列島へ接近しているものの星も出てるし登山中はきっと天気が良いに違いない。そう期待を持ちながら軽くウトウトして次に目が覚めたら午前5時を過ぎていました。

パッキングを済ませて登山を始めたのは午前6時20分。空は白みはじめたばかりで辺りはまだ真っ暗。夜中に見た星空はもうすっかり消え失せて絵の具で薄くのばしたような雲が空一面に広がり、朝日を受けて赤黒く染まっていました。

駐車場から林道を進んで少しすると『銚子ヶ滝登山口』の分岐点と東屋が見えて、ここを過ぎると牧場の敷地に沿って林道は続き、やがて雑木林の中へと入っていきました。

ゆるやかな登路が傾斜を増して来ると、粘土質の滑りやすい山道。先日の台風で地面は落ち葉が堆積していてこれが意外と滑り防止に役立つも、見上げる木々の葉は傷付いて紅葉する前に枯れていて残念な状態でした。

その木々の隙間から和尚山(1602m)がなだらかな裾野を見せて遠くにそびえているのを捉えます。でも目指す安達太良山はまだここからは見えませんでした。

安達太良山石筵登山道1 母成グリーンラインの道路そばにある石筵登山口の駐車場。季節も10月を過ぎると午前6時でもまだ薄暗いです。

安達太良山石筵登山道2 駐車場から歩いて10分ほどにある銚子ヶ滝登山口。ここへ車を止めて銚子ヶ滝経由で安達太良山へ向かうのもいいかも。

安達太良山石筵登山道3 雑木林の広がる登山道を黙々と登っていきます。

2.安達太良山のブナの森

歩き始めて1時間程で母成登山道との合流点(旧道標)へ到着。ここから先はぬかるみの連続で『いかに靴を汚さず避けるか』頭をフル回転させながら地面を注視しながらの登りが続きます。それに夢中になって進んでいると辺りはいつしか深いブナの森が広がっていました。

安達太良山は火山で森が乏しいと思っていたから、こんな深いブナの森と出会えるなんてちょっと意外かも。ここも台風のせいで紅葉はイマイチだったものの、美しいブナの木々に巡り会えただけで充分でした。空はすっかり明るくなって青空と雲とが交互に広がり合う空模様。

日差しが差し込めば黄金色に輝く明るいブナの森は、一度陰ってしまうと鬱蒼とした雰囲気へと様変わり。登山道はあまり人が歩いた形跡は無く、静かだけどちょっと心寂しい・・・。そんな登りが続きます。

安達太良山石筵登山道4 中腹に広がるブナの森。

安達太良山石筵登山道5 森を見上げて。このコースは人も少なく静かに森歩きを堪能できました。

3.森林限界へ到達して

再び急勾配の登りに差し掛かり悪戦苦闘を続けていると、ブナの森はシラビソやコメツガの針葉樹の森へと変わり、勾配も幾分緩やかになりました。歩き始めてからずっと続く展望の無い登山に大きく変化が起きたのはこの辺りで、目の前の視界が突然開けると草原のような斜面にやってきました。

やった!森林限界に到着だ。この瞬間の嬉しさといったら!

目指す安達太良山はまだ見えないものの、最初に目指す船明神山(1667m)が眼前に大きく展開し、今までまともに見えなかった和尚山もはっきり見えるし、後ろを振り返ると遠くに磐梯山の尖峰が雲から頭を突き出していました。

そろそろ疲労で足取りが鈍っていたけれど、気持ち的に嬉しくなってペースが戻ります。

安達太良山石筵登山道6 ブナや針葉樹の森を抜けた先は見晴らしの良い灌木帯。この瞬間心が開放されたって感じ!

安達太良山石筵登山道7 和尚山(1602m)の頂きを遠くに望んで。

安達太良山石筵登山道8 遥か遠く、雲の上から頭をちょこんと突き出した磐梯山。このあと雲が広がって磐梯山を望むことは叶いませんでした。

安達太良山石筵登山道9 僅かに紅葉で色づいた安達太良山の中腹。台風さえ来なければ素晴らしい錦色に染まっていたに違いない。

安達太良山石筵登山道10 地面を紅く染めていたクロマメノキ。

4.荒涼とした船明神山と沼ノ平の展望

安達太良山の森林限界は、キタゴヨウやシャクナゲの木々が長年の風雪で虐げられ盆栽のように低くねじ曲っていてさながら北アルプスの稜線のような雰囲気でした。

今までなんとか持っていた天気は鉛色の雲によって展望をかき消そうとしています。

あともう少しで船明神山の山頂なのに・・・。あそこまで行けば展望がもっと開ける筈だからそれまで天気がもってほしい!疲労した身体に鞭を打って駆け足で船明神山に立ったと同時に辺りを雲が覆い始めました。

展望はダメか・・・と諦めていたら雲が切れて足元に見たこともない世界が眼下に展開し始めました。火口壁が浸蝕されて出来た茶色や白色の尾根筋が、幾筋も火口底へ続いているその光景には生き物の気配は無くて『死の世界』。まるで火星の光景のよう。

それは安達太良山の噴火口で、今でも有毒なガスを噴出し続ける『沼ノ平』だったのです。

安達太良山石筵登山道11 登山口から登り始めて約3時間、眼前に船明神山の頂きが見えてきました。あそこへ立てば安達太良山の主稜線へ到達です。

安達太良山石筵登山道12 船明神山の山頂へ立つと、草木は無くなって赤茶けた岩や砂が広がる殺風景な景色が広がるばかり。

安達太良山石筵登山道15 辺りに立ち込めていた雲が薄くなると、足元に切れ落ちた崖が展開。ここは沼ノ平の火口の縁なのです。

安達太良山石筵登山道13 沼ノ平の全景が雲の中から姿を見せてきました。今まで緑だった世界が突然荒涼とした世界へ変貌。まるで異世界へ降りた感覚。

安達太良山石筵登山道14 沼ノ平の中心は白い火口原。降り立って見たいけど周辺は有毒ガスが立ち込めているので立ち入り禁止。

安達太良山(石筵登山口)地図

駐車場は母成グリーンラインそばに無料20台、銚子ヶ滝登山口に無料5台、どちらもトイレ無し。

【コースタイム】
6:20母成グリーンライン駐車場7:30旧道標9:10船明神山10:00鉄山10:50安達太良山(下山)11:30船明神山12:50旧道標14:10母成グリーンライン駐車場 計7時間50分






トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました