石筵登山口から巡る秋の安達太良山【後編】

東北の山

船明神山からは沼ノ平の火口壁を歩いて鉄山(1709m)と主峰の安達太良山(1700m)山頂を目指します。

微妙に晴れていた天気は時間の経過と共に悪化。

安達太良山山頂へ辿り着くまでなんとか晴れ続けて欲しい・・・その願いは叶うのでしょうか?

登山した日-2019.10.21

沼ノ平の火口壁~矢筈森分岐点

船明神山から矢筈山へ向かう登山道は、沼ノ平の火口縁に沿ってのダイナミックな尾根歩きが連続します。立ち止まって火口底を覗き込むと目眩がしそうな程の高度感と、足元が崩れて火口に吸い込まれそうな感覚に陥ります。まるでアリジゴクの巣のようでスリリング。

一方で沼ノ平の反対側、安達太良山山頂方面はなだらかな傾斜で、所々に草地が広がる優しい光景。両極端な風景の境目に居ると大自然って不思議だなって気分にさせてくれます。

やがて安達太良山~鉄山を結ぶメイン登山道と合流する矢筈森の分岐点へ到着しました。

ここからまず鉄山を登ってから戻り返して安達太良山へ向かうことにします。

矢筈森の分岐点では登山者で賑わっていたけど、鉄山へ向かう人は殆どいませんでした。多くの登山者は安達太良山を登って矢筈森まで来たらそのまま『くろがね温泉』方面へ降りるようです。

ちょうど眼下にはくろがね温泉の建物が紅葉の森の中に小さく佇んでいます。台風でイマイチだった石筵登山道の紅葉と比較すると錦色に染まっていてなんだか見応えがありそう・・・。けど真正面にそびえ立つ鉄山の重厚な山容の魅力の方が素晴らしい。鉄の如く黒々とした岩肌をむき出した厳しい姿に登頂欲をそそられるのです。

安達太良山石筵登山道19 辺りを覆っていた雲が晴れると沼ノ平の火口の全貌が見えてきました。

安達太良山石筵登山道16 火山が織りなす不思議な光景・・・。

安達太良山石筵登山道18 火口縁から望む鉄山(左)と矢筈森(右)。

安達太良山石筵登山道17 さらに視線をずらして矢筈森(左)と主峰安達太良山(右)

安達太良山石筵登山道20 鉄山と安達太良山との中間にある登山道合流点。後ろは矢筈森。

鉄山への道

矢筈森の分岐点から少し下って鞍部に降り立ったのち、鉄山へ取り付いてゴツゴツした岩場を難なく登り切ると、真正面に見える岩の舳先を巻くように登山道は続いて行き、キタゴヨウの茂みを越えた先に見えた広場が鉄山山頂でした。

標高1709m、安達太良山系で二番目に高い遮るもののない山頂からは北に膨大な山容の吾妻連峰を望めました。

西には沼ノ平が相変わらずの荒涼さを見せ、東側はくろがね温泉有する紅葉の森が広がる先に福島市街をも見渡せる好展望!南は歩いてきた船明神山や矢筈森の分岐点、その奥に最終目的地の安達太良山を望めました。

山頂は誰も居なくて、時折やってくるホシガラスがガーガー忙しなく鳴いてるだけ。そのホシガラスが居なくなると静寂そのものでした。

安達太良山石筵登山道21 矢筈森付近から望む鉄山はなかなかの重厚感でいい山容!

安達太良山石筵登山道22 矢筈森付近からの沼ノ平。

安達太良山石筵登山道23 東側眼下に広がる紅葉の森とくろがね小屋(右下)。遠く左上に見える街並みは福島市なのかな?

安達太良山石筵登山道24 鞍部から見上げた鉄山。

安達太良山石筵登山道25 鉄山山頂はあの岩場の上、後もう少しだ。

安達太良山石筵登山道26 鉄山山頂の三角点と遠くにそびえる吾妻連峰。

安達太良山石筵登山道27 深すぎる吾妻連峰の山並みと鉄山避難小屋。

安達太良山は霧の中

鉄山を後にして最終目的地の安達太良山を目指して矢筈森の分岐点を戻ります。

ここまでなんとか落ち着いていた雲が活発に動いてきました。雲に隠れたり見えたりを繰り返していた安達太良山も遂にすっぽり雲に飲み込まれてしまい、それを合図に一気に雲が僕の周りになだれ込んできて視界があっと言う間に無くなりました。

『これは一時的なんだ。きっとまた晴れるさ。』

そう心に願い続けながら安達太良山への足取りを早めて矢筈森へ到着するも、辺りはすっかり濃密なガスに包まれて一寸先も見えないような状態。ここから安達太良山までは岩やケルンが並ぶ殺風景な尾根歩きで、程なくして前方から賑やかな人の声が聞こえてきました。

安達太良山山頂直下の広場へ到着したようです。

安達太良山石筵登山道28 鉄山から望む矢筈森と一番奥に安達太良山。

安達太良山石筵登山道29 ホシガラス。ガーガー鳴きながらせわしなく松ぼっくりをついばんでいました。冬支度に忙しそう。

安達太良山石筵登山道30 歩いて来た矢筈森の山容。

安達太良山石筵登山道31 沼ノ平に再び雲が湧き出してきました。

安達太良山石筵登山道36 沼ノ平を見たのはこれが最後。雲に包まれると二度と望むことは出来ませんでした。

安達太良山山頂にて

石筵の登山道から鉄山まで殆ど人と出会わなかった中で、広場には大勢の登山客でいっぱい。広場から東にロープウェイがあるので、大勢の登山者がロープウェイを使ってここまでやって来るからです。

安達太良山山頂は『乳首』と呼ばれる岩が盛り上がったような場所で、小さな鎖がかかっています。そこも登山者で渋滞していました。

山頂からの展望はガスで何も見えなかったし、寒いし混雑してて居心地が悪かったので、早々に乳首の岩場から降りました。

・・・と、初めての安達太良山は生憎のガス・イマイチだった紅葉とちょっと残念な登山に終わりました。

でも本当に心から残念だとは思っていません。なぜなら・・・また安達太良山をリベンジしなきゃいけない。という口実が出来たから。

もし最高の天気で、最高の紅葉だったら満足してもう二度と安達太良山を登らないかもしれない。と考えるとそれは勿体ないというものです。

安達太良山石筵登山道32 霧の中から浮かび上がってきた安達太良山最高点の乳首。

安達太良山石筵登山道33 山頂直下の広場から見上げた乳首。

安達太良山石筵登山道34 乳首頂上は生憎のガスで何も見えない・・・。

安達太良山石筵登山道35 山頂での滞在はほどほどにして元来た道を帰ることに。

安達太良山石筵登山道37 森林限界から樹林帯へ入り・・・。

安達太良山石筵登山道38 ブナの森を下り続け・・・。

安達太良山石筵登山道39 無事下山。安達太良山・・・またいつか再チャレンジします!

安達太良山(石筵登山口)地図

駐車場は母成グリーンラインそばに無料20台、銚子ヶ滝登山口に無料5台、どちらもトイレ無し。

【コースタイム】 6:20母成グリーンライン駐車場7:30旧道標9:10船明神山10:00鉄山10:50安達太良山(下山)11:30船明神山12:50旧道標14:10母成グリーンライン駐車場 計7時間50分

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました