赤城山・覚満淵~レンゲツツジが咲き乱れる癒やしの地

谷川連峰/赤城/武尊

撮影日-2018.6.24

赤城山ば群馬県を代表する名山の一つで、古くに噴火を繰り返して来た火山です。

赤城山の中心には、周囲4kmのカルデラ湖である大沼(おの)と、小沼(この)があって、それらに挟まれる形で覚満淵(かくまんぶち)という沼があります。

覚満淵は周囲1km未満と小さいながら、尾瀬湿原のような景観を見せるとても神秘的な場所。

初夏から秋にかけて色とりどりの花々に彩られます。

今回はレンゲツツジが咲く6月下旬に訪れました。

赤城山・覚満淵地図

赤城公園ビジターセンターの駐車場(無料)が利用できます。駐車場から覚満淵まで歩いて数分の距離。

覚満淵の写真

午前10時に覚満淵へやってきました。覚満淵を一周する遊歩道は観光客やハイカーがちらほら。

立派な三脚を構えたカメラマンも結構見かけます。

覚満淵1

畔はレンゲツツジのオレンジ色の花があちこちに。

ちょうど今が見頃でした。

覚満淵2

覚満淵3

覚満淵は高層湿原なので、尾瀬で見られるような独特の湿原風景を見ることが出来ます。

覚満淵4

覚満淵5

覚満淵6

覚満淵7

覚満淵8

覚満淵9

覚満淵10

高台から覚満淵(写真手前)を見下ろしてみます。奥の湖は大沼。

覚満淵11

覚満淵12

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました