さくラさく小径で極上の春散策【長野県佐久市】

訪れた日-2020.4.20

4月下旬、長野県佐久市を流れる千曲川に架かる『浅蓼大橋』を車で走っていると、
川の両岸に満開のサクラの並木があるのに、思わず目を奪われてしまいました。

それは『さくラさく小径』と呼ばれる、佐久市が千曲川の土手沿いに整備した自然公園でした。

桜並木があまりにも綺麗だったので、どんなところなのか散策してみました。

さくラさく小径の場所と地図

駐車場は無料です。

さくラさく小径の写真

駐車場を降りるとすぐ目の前がサクラ並木でした。名前の通りサクラが咲く小径だったのです。

因みに公園の名称『さくラさく小径』のラだけがカタカナで表記されているのが気になります。なんだかトイザらスっぽいネーミングみたいで。

佐久市のウェブサイトには『公園の名称は佐久・桜・咲くをもとにして名付けられました』と書いていたので、インパクト感を出すために、あえてそうしたのでしょうか??

さくラさく小径0

さくラさく小径1

さくラさく小径2

満開のサクラのほかにレンギョウやスイセンが歩道を花で彩る素敵な光景。

ここを訪れる人は地元民がメインで、観光地化されていないから人は少なめ。だから騒々しくなくて存分に花を堪能できます。

さくラさく小径3

さくラさく小径4

さくラさく小径5

満開のサクラ。見事の一言。

さくラさく小径6

さくラさく小径7

サクラ並木の向こうには残雪の浅間山。雪山とサクラの組み合わせは関東首都圏ではなかなか見られないから景色がとても映えます。

さくラさく小径8

千曲川の対岸の土手にもサクラ並木がありました。こちらは歩いている人は少なくて、もしかしたら駐車場が無いからかもしれません。

さくラさく小径9

さくラさく小径10

さくラさく小径11

さくラさく小径12

駐車場からゆっくりあるいておよそ15分、サクラ並木の末端まで歩いてきました。並木道の長さはおよそ1.5km、植えられたサクラの本数は120本程度とそれほど規模の大きなお花見スポットではありません。

でもここが良かったと思えるのは、公園から常に望める残雪の山々や千曲川の流れ、長閑な里山がサクラとマッチしていて癒やされること。

僕の住んでる埼玉や東京近辺のサクラの花見スポットじゃあ人でゴミゴミしていたり、殺伐としていてまったりと桜を愛でる気が起きません。

うちの近所にもこういう所があればいいなぁ・・・

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました