七座山で見た可憐な花々(秋田県能代市)

白神山地

撮影日-2019.4.30

※この記事は15枚画像があります。

ヒメアオキ

一年中葉を落とさず薄暗い森の中に生育しています。花は地味だけど、赤く大きな実を沢山付けるときはとても目立ちます。

七座山ヒメアオキ

ミヤマシキミ

ヒメアオキ同様に、一年中葉を落とさず薄暗い森の中に生育しています。

七座山ミヤマシキミ

ムラサキヤシオツツジ(つぼみ)

雪の多い日本海側の高山で見られるツツジですが、七座山では標高100m付近で見られました。開花しているのは一輪も無くて、花を見るには訪れる時期がわずかに早かったかも。

七座山ムラサキヤシオツツジ

ヤマツツジ(つぼみ)

日本全国で見られる最もポピュラーなツツジも七座山にありました。こちらもつぼみだけ。

七座山ヤマツツジ

タムシバ

コブシに似た大型の白い花を付けます。七座山のそこかしこで見られるものの、望遠レンズを使わないと撮影出来ないほど間近で見ることは出来ません。

七座山タムシバ

オオタチツボスミレ

比較的雪の多い里山に見られるスミレ。登山道のそこかしこに咲いていて春を演出する素敵な存在。

七座山オオタチツボスミレ

スミレサイシン

一つ前のオオタチツボスミレと同じような花をしているけれど、こちらは花と比べて大きな葉をつけているのが特徴の一つ。

七座山スミレサイシン

マキノスミレ

濃い紫色の花と細長い葉と、葉が出始めの時は垂直に立っているのが特徴です。因みにマキノとは植物学者の牧野富太郎博士でそこから名付けられました。

七座山マキノスミレ

オオバクロモジ

花はとても小さくて地味。でもこの木の大きな特徴はとても良い『香り』を持っていること。枝や葉をすりつぶしてみると芳香が漂います。

七座山オオバクロモジ

ツバメオモト(株のみ)

地面からキャベツのように生えて出てくるツバメオモトは、初夏になると白い花を付けます。東北でも比較的山深い所で見られるこの植物が七座山の里山で見られる事にびっくり。七座山の自然の豊かさに驚きです。

七座山ツバメオモト

マイヅルソウ

マイヅルソウは本州では奥秩父や八ヶ岳、南北アルプスの標高2000m前後の薄暗い森の中でよく見かけますが、七座山でも普通に見られました。

七座山マイヅルソウ

イワウチワ

北国の森の地面を逸早くピンクの花に染める森の妖精、それはイワウチワです。

七座山イワウチワ

オオカメノキ

別名ムシカリ。花は純白なので森の中でとても良く目立ちます。

七座山オオカメノキ

シュンラン

春の里山を代表する花といえば、このシュンランではないでしょうか。独特の姿と翡翠を思わせる緑色の花が多くの登山者を魅了します。

七座山シュンラン

オオヤマザクラ

別名ベニヤマザクラで、ソメイヨシノや山桜よりも濃いピンク色をしているのが特徴。

七座山オオヤマザクラ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました