霧ヶ峰~ニッコウキスゲに染まる天空の丘へ

八ヶ岳/蓼科周辺

登山した日-2019.7.15

僕が通っていた高校の修学旅行先は東京でした。

バスで東京に移動する途中で『霧ヶ峰』に立ち寄った事をなんとなく覚えてきます。

その時車窓から見た一面の草原も、草原に咲き誇る黄色い花もあったような・・・事もなんとなく記憶にあります。

当時はまだ登山に興味が無かったから、記憶もぼんやりとしかありません。

もう一度あの時の景色を見に行きたいな・・・。とふと思い出して、当時と同じ時期だった7月中旬に霧ヶ峰を散策してみました。

今回歩いたコースと時間

霧の駅駐車場から車山山頂まで 片道2時間





1.ガスの霧ヶ峰

午前5:30、霧ヶ峰高原のドライブイン『霧の駅』から霧ヶ峰最高峰の車山を目指します。

天気は生憎のガスで視界が無いので、テンションは低め。

霧ヶ峰1

霧の駅の近くにハイキングコース入り口はあります。

もし晴れていたなら眼前にたおやかな車山の頂を望めるんだけど、見えるのはガスばかり。

霧ヶ峰2

程なくして見えてきた『水神社』の寂れた鳥居。

『どうか天気が良くなりますように!』

と心の中で願ってから鳥居をくぐりました。

霧ヶ峰3

登り始めから草原路。なんだか牧場の中を歩いているみたいだ。

霧ヶ峰4

一瞬ガスが晴れると、遠くに『八島ヶ原湿原』を望めました。霧ヶ峰最大の湿原です。

霧ヶ峰八島ヶ原湿原5

ヨツバヒヨドリの絨毯。

霧ヶ峰ヨツバヒヨドリ6

2.霧ヶ峰山頂にて

展望に恵まれないまま霧の駅から歩き始め2時間、霧ヶ峰最高峰の車山(1925m)に到着。

霧ヶ峰7

車山山頂に建つ気象レーダードームは一際異彩を放ちます。

霧ヶ峰山頂

せっかく山頂に立ったのに展望は相変わらず良くなりません。

しばらく粘っても駄目みたいだからもう下山しよう・・・

霧ヶ峰8

3.突然の青空、緑にむせる霧ヶ峰

下山を始めるとガスの切れ間から、白樺湖の輝きがみえました。

霧ヶ峰9

白樺湖が見えたのを合図にみるみるうちうにガスが消えて、一面の草原の丘が出現。

この時は本当に嬉しくて大興奮しました!

霧ヶ峰10

振り仰いで青空と車山。さっきまでのガスは一体何だったんだろう、っていう位の青空。

霧ヶ峰12

草原に咲いている黄色い花がニッコウキスゲ。

7月になると霧ヶ峰の草原がこのニッコウキスゲに包まれます。

霧ヶ峰13

黄色のニッコウキスゲ、紫の穂の花はクガイソウ。

霧ヶ峰14

緑と青の世界。

霧ヶ峰15

見上げる車山。気象レーダードームもはっきり見えますね。

霧ヶ峰16

草原にぽつんと咲いていたノハナショウブ。

霧ヶ峰ノハナショウブ17

ウインドウズの壁紙のような景色。

霧ヶ峰18

4.車山肩~第5園地間はイチバンのニッコウキスゲ群落地

車山肩から第5園地までのコースは一面のニッコウキスゲ。

霧ヶ峰ニッコウキスゲ19

ニッコウキスゲはこんな花。

花は一日でしぼんで枯れてしまいます。

でも次から次へと咲くので長い間見頃が続きます。

霧ヶ峰ニッコウキスゲ19-1

草原とニッコウキスゲ、爽やかな夏の景色。

霧ヶ峰ニッコウキスゲ20

遊歩道の柵の上に鳥が止まっていました。

歩道はハイカーや観光客で結構ごったがえしているのに逃げません。

霧ヶ峰ニッコウキスゲ21

美しい鳴き声を草原に響かせて。

霧ヶ峰ニッコウキスゲ22

遠くそびえ立つ南アルプス連峰。

霧ヶ峰ニッコウキスゲ23

どこまでも広がるニッコウキスゲの黄色い絨毯。

霧ヶ峰ニッコウキスゲ24

登りの時に見た八島ヶ原湿原はすっかり夏色へ。

霧ヶ峰ニッコウキスゲ25

八島ヶ原湿原をズームアップ。湿原をぐるっと巡れるように木道も整備されています。

霧ヶ峰ニッコウキスゲ26

第5園地を過ぎると、霧の駅の建物が遠くに見えてきました。

ここまで下るともうニッコウキスゲは殆どありません・・・。

霧ヶ峰ニッコウキスゲ27

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました