6月の浅間山・前掛山登山【前編】

上信越/志賀高原

登山した日-2020.6.6

2020年最初の本格的登山は浅間山の前掛山!
前回2011年に前掛山を登った時は南側の天狗温泉から登りましたが、
今回は西側の車坂峠から登ります。

※この記事は全2ページあります。

浅間山登山について

浅間山は活火山のため、噴火警戒レベルの度合いで入山出来る場所に制限がかかります。
一番レベルの低い『1』で浅間山山頂火口に近い前掛山(2524m)まで登れます。

浅間山登山のご案内|小諸市オフィシャルサイト
日本を代表する活火山「浅間山」は我々よりも遥かに長い歴史を生きてきた山です。四季を通じて、多くの登山者を魅了してきました。また、浅間山、黒斑山、高峰山は、「花の百名山」として5-9月にかけて多種多様な高山植物をみることができるのも特長です。

今回歩いたコースと時間

5:10ビジターセンターから表登山道6:10槍ヶ鞘6:20草すべり分岐6:50湯ノ平口7:10賽ノ河原分岐8:10前掛山山頂9:10賽ノ河原分岐9:40Jバンド10:15蛇骨岳11:00黒斑山12:15裏コースでビジターセンター着
(計7時間5分)











1.表コースから槍ヶ鞘へ

午前5時に登山口のある車坂峠へやってきました。

ビジターセンターの無料駐車場に車を停めて登山の準備。

早朝にも関わらず登山者がちらほらいました。

浅間山前掛山1

駐車場から道路を渡った先に登山口はあります。
登山届に記帳して、出発!

浅間山前掛山2

登山口の先でコースが二手に分かれていました。
今回は右手の表コースから登って、下りは裏コースから戻ることにします。

浅間山前掛山3

登り始めはカラマツの緩やかな尾根道。

浅間山前掛山4

最初に登る黒斑山方面はどんよりとした空。
登り始めから天気が悪いとテンション下がりますよね。
晴れてくれないかなぁ。

浅間山前掛山5

表コースは、ザレ場と森が交互する尾根歩きがしばらく続きました。
特に難しいコースでは無いけれど、後半は歩きにくい木道が延々と続きます。

浅間山前掛山6

ビジターセンターから登り始めておよそ1時間、
登りが楽になったと感じた頃に槍ヶ鞘の避難小屋が見えました。

浅間山前掛山7

避難小屋の先で、森が開けると突然崖っぷちに到着。
ここは槍ヶ鞘という場所で、見晴らしの良いピーク。
ここから浅間山を一望できるはずだけど、今はあいにくのガス。

浅間山前掛山8

槍ヶ鞘から望むトーミの頭と絶壁。

浅間山前掛山9

2.槍ヶ鞘~草すべり~湯ノ平口

トーミの頭を越えた先に、草すべり分岐点がありました。
写真右が草すべりへ降りる道。
まっすぐ行くと黒斑山(くろふやま)。
今回は先に草すべりを降りて、帰りに黒斑山を歩きます。

浅間山前掛山10

草すべりコースは、名前の通り草付きの断崖絶壁をジグザグに下る道。
膝にくるキツイ下りに足取りが乱れます。

浅間山前掛山11

草すべりは高山植物の宝庫で、色とりどりの花々が辛い下りを癒やしてくれました。
この白い花はハクサンイチゲで、日本を代表する高山植物の一つ。

浅間山前掛山12

今まで湧いていたガスが切れて、目の前に雄大な浅間山がどーんと目の前に。
この瞬間の嬉しさといったらたまりません!
やっぱり登山は展望が良くなきゃね。

浅間山前掛山13

草すべりを振り仰いで。
よくこんな急な崖を下れたなぁ・・・。
と自分を褒めました。

浅間山前掛山14

湯ノ平口。
ここで天狗温泉方面の登山道と合流します。
ここからしばらくは平坦な森歩き。

浅間山前掛山15

3.浅間山・前掛山の山頂へ

賽ノ河原分岐点を過ぎると森が開けて、目の前に浅間山。
ここから浅間山に取り付いての最後の登り。

浅間山前掛山16

登るにつれて草木は少なくなって
砂礫広がる荒涼とした風景が広がります。

浅間山前掛山17

振り返れば、黒斑山、蛇骨岳、仙人岳の外輪山が屏風のように連なっていました。

浅間山前掛山18

浅間山山頂直下。
目の前には浅間山の本峰。うっすらと噴煙をあげて眼前にそびえたっています。

浅間山前掛山19

避難小屋シェルターと左奥に前掛山。

浅間山前掛山20

シェルターから前掛山を覗いてみました。

浅間山前掛山21

前掛山最後の登りは
切れ落ちた外輪山の縁に沿って歩いていきます。

浅間山前掛山22

草木も無い赤茶けた死の大地・・・
時折シュッと空気を切り裂く音がするので、音の方向を目で追うと
イワツバメが盛んに飛び交っています。
こんな所にも生き物の営みがあるなんて。

浅間山前掛山23

浅間山の火口。

浅間山前掛山24

車坂峠から歩きはじめておよそ3時間、浅間山・前掛山の山頂へ到着です。

浅間山前掛山25

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました