(谷川連峰)初冬の大峰山・吾妻耶山を歩く②

谷川連峰/赤城/武尊

登山した日-2020.11.21

前編はコチラ→(谷川連峰)初冬の雰囲気漂う大峰山・吾妻耶山を歩く①

3.悪天候の吾妻耶山山頂

大峰山山頂を離れるとしばらくは緩やかな下り坂。そして分岐点がある小さな鞍部へ降り立ちました。
ここでちょっと休もうかな思ったけど、風の通り道で寒いからそのまま吾妻耶山の登り返しへとりかかりました。

谷川連峰吾妻耶山19

枯れ果てた草花が風に揺られて擦れあってカラカラと音を立てている。

谷川連峰吾妻耶山20

吾妻耶山の上部まで来ると、ジグザグの急坂が連続。もうひと踏ん張りです。

谷川連峰吾妻耶山21

ジグザグの急坂を登り切った先は、台地状の平坦な地形になって随分歩きやすくなりました。山頂はもうすぐそこです。

谷川連峰吾妻耶山22

山頂に立つ石碑や祠が見えてきました。

谷川連峰吾妻耶山23

吾妻耶山山頂へ到着!

写真だとわからないけど、身体ごと持っていかれそうなくらいの強風がみぞれを伴って吹き荒れていました。
だからさすがに登山者はゼロ。

谷川連峰吾妻耶山24

山頂はとにかく寒い!寒すぎてじっとしていられません。

谷川連峰吾妻耶山25

谷川岳方面は相変わらず雪雲に包まれて展望は拝めず。

谷川連峰吾妻耶山26

晴れていればこういう展望が堪能出来るそうです。

谷川連峰吾妻耶山27

谷川岳方面から絶えず吹き上がる風が岩や木々に容赦なくぶち当たり、まるで電車が通過したような激しい音が響き渡る山頂。

数分山頂の雰囲気を堪能したあとは、逃げるように山頂を離れました。

谷川連峰吾妻耶山28

4.ゲレンデを下って下山

吾妻耶山山頂を離れると風の洗礼からは逃れたものの、寒さは相変わらず。

目印に導かれるように登山道を下っていくと・・・。

谷川連峰吾妻耶山29

ノルンみなかみスキー場ゲレンデの上部へやってきました。見晴らしがいいから眼の前に大峰山を望むことができました。

谷川連峰吾妻耶山30

登山道はゲレンデの縁を沿うように続いています。森に入ると辺りは苔やシダに包まれていて、地面だけを見ればなんだか屋久島の森のよう。

谷川連峰吾妻耶山31

ゲレンデ中腹から見上げた吾妻耶山

谷川連峰吾妻耶山32

天気は相変わらずしぐれ模様で展望はぱっとしません。

谷川連峰吾妻耶山33

大峰沼方面との分岐点から見上げた吾妻耶山。

吾妻耶山を拝めるのはここで最後になり、また森の中に入っていきます。

谷川連峰吾妻耶山34

5.不思議な一本鳥居

さあ、大峰沼まで戻りましょう!

谷川連峰吾妻耶山35

途中に不思議な鳥居が建っていました。屋根の部分が無くて柱しかない謎。

谷川連峰吾妻耶山36

これは『一本鳥居』で何度建て替えてもすぐに壊れてしまう・・・あまりの雪深さにそうなるのかもしれません。

谷川連峰吾妻耶山37

『吾妻耶山』をご神体として、かつては多くの参拝者がいたんでしょうね。
それを偲ばせるせるものは鳥居以外他には見当たりませんでした。

谷川連峰吾妻耶山38

6.大峰沼~下山へ

一本鳥居を過ぎると平坦で単調な歩きが続き、やがてスギの薄暗い森へ入りました。

谷川連峰吾妻耶山39

スギの森を抜けると大峰沼キャンプ場が見えてきました。

谷川連峰吾妻耶山40

大峰沼まで戻って来るとすっかり午後の雰囲気でした。

日差しの加減からか朝に見た時の大峰沼とは雰囲気が少し違う感じ。

谷川連峰吾妻耶山41

今度は紅葉真っ盛りの時期にここを訪れたいですね。湖面に映る紅葉とかも見てみたい。

谷川連峰吾妻耶山42

大峰沼を後にして、もと来た道を下っていき・・・

谷川連峰吾妻耶山43

登山口まで無事下山。お疲れ様でした!

谷川連峰吾妻耶山44

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました