藻琴山~屈斜路湖を見下ろす極上の展望地

北海道の山

旅先で知り合った北海道の小清水町に住むNさんの自宅に泊まっていた僕は、この日Nさんのすすめで近くにある藻琴山を目指してみました。藻琴山とは果たしてどんな山なのでしょうか?

登山した日-2007.7.18

夏空の藻琴山

思いっきり澄んだ青空が広がる道道587号線。瑞々しいまでの緑に輝く原生林の中をバイクで突っ切って高度を上げていくと森を抜けてササ原とダケカンバの疎林が広がる開放感タップリな空間に出ました。ここは小清水峠。藻琴山登山口のあるハイランド小清水まではもうすぐです。

たどり着いたハイランド小清水は食堂や売店が完備されたレストハウスで、駐車場にはバイクや車で旅をする人たちや修学旅行中の学生達で賑やかです。そんな賑やかな光景を横目に駐車場の一角へ向かうと、藻琴山の登山口がありました。

入り口に設置されてあった入山届けに記帳して午前10時、登山開始です。

藻琴山1 藻琴山へ向けて夏色の森を駆けていきます。

藻琴山2 見えてきた藻琴山。

藻琴山3 登山口のあるハイランド小清水はもうすぐ。

藻琴山4 ハイランド小清水の駐車場から望んだ藻琴山。

ハイマツとダケカンバに包まれて

藻琴山のコースタイムは片道およそ50分、標高差は200m程で道中は特に危険な場所も無く誰でも気軽に登れる山です。

歩いている時も小さな子供連れの家族やお年寄り、観光客の人たちとすれ違います。登り序盤からハイマツが生い茂っているので高い山に登った感覚も味わえるし、中盤からずっと続くダケカンバの樹林のがとても綺麗だし、展望も良いし素晴らしい要素がそこら中にあって歩いてて楽しい感じ。

ダケカンバのトンネルをくぐると展望の開けた小ピークへたどり着きます。ここはコース中間地点で前方に藻琴山の山頂を初めて拝めました。

藻琴山は意外なほど堂々とした山容で、どっしりした山腹はダケカンバの緑に包まれ青空をバックにそびえ立っています。後ろを向けば眼下に屈斜路湖の湖面が広がっていて、青空をそのまま湖面に映し出していました。

小ピークを過ぎると再びダケカンバのトンネルの中で、しばらく展望はおあずけ。

藻琴山5 登り始めはハイマツの中。

藻琴山6 眼下に屈斜路湖が少し見えてきました。

藻琴山7 北海道の広大な大地が広がります。

藻琴山8 登山道のあちこちでチシマフウロの花が咲いていました。。

藻琴山9 コース中間点の小ピークで初めて藻琴山本峰を捉えました。

藻琴山は極上の展望地

小ピークから緩やかな尾根道を歩く事15分ほどで藻琴山の頂へ立ちました。

ハイランド小清水から登り始めてたった30分程でたどり着いてしまった藻琴山。登山時間は短かったけど、ダケカンバの美しい森や知床連山の眺望にも巡り会えたし今回の登山で得た満足感・充実感は1日フルに登山した時と同じくらいと言ってもいいくらい。

山や森の光景のスゴさもさる事ながら、今回一番心に残った光景は山頂から見下ろした屈斜路湖。緑ばかりの大地に広がる深い青色の湖面はほんとうに忘れられません。

山頂に着いた時は一人登山客が居たけれど、その登山客も僕が到着してすぐに居なくなったので僕一人だけがこの極上の景色を独り占めすることになりました。まさに贅沢なひとときと言っていいでしょう。

藻琴山10 小ピークから見下ろした屈斜路湖。青い湖面がすばらしかったです。

藻琴山11 近づいてくる藻琴山のピーク。

藻琴山12 藻琴山山頂には三角点と碑が建っていました。

藻琴山登山地図

●登山に要した時間 / 往復1.5時間

藻琴山写真ギャラリー

※クリックすると拡大します。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました