樽前山~山頂に広がる不思議な惑星の世界

北海道の山

登山した日-2007.6.12

支笏湖畔に建つライダーハウス樽前荘(ライダーハウスとはバイクや自転車を使った旅行者向けの簡易宿泊所)に宿泊した僕は、宿の人から「樽前山」がここから近い場所にある事を教えてもらったので、登って見る事にしました。

今回歩いたコースと時間

8:00登山口8:50山頂分岐9:10樽前山神社9:40西山10:15風不死岳分岐10:45樽前山山頂11:40登山口着  (計3時間40分)







1.支笏湖畔にそびえる活火山

支笏湖畔から望む樽前山(右)と風不死岳(左)。

樽前山は標高1041m、山頂に独特の溶岩ドームを持っていて麓からでもよく目立ちます。

樽前山1

国道276号線から樽前山登山口のある7合目ヒュッテへ通じる道道141号線は、走り辛いダート道でした。 周りは深い原生林に包まれて活火山らしさはゼンゼン感じられません。でも7合目ヒュッテに着くと、森が開けて黒々とした樽前山の山肌が見えて初めて火山らしさを感じます。

樽前山2

それでは登山開始です!

樽前山3

登り始めは緑豊かな潅木の中で、潅木帯を抜けると眼前に樽前山を望めます。

樽前山4

振り返ると支笏湖が青い湖面を見せていました。

樽前山5

苫小牧方面は広大な原生林と雲海が広がっています。

樽前山6

登山道脇にはコメバツガザクラが沢山咲いています。今回の登山で一番よく見た高山植物。

樽前山7

2.不思議な惑星の世界

斜面を登り切って樽前山の火口縁へ到着。そこに広がる不思議な光景に僕は息を呑んでしまいました。

目の前に巨大な火口が広がっていたのです。いや、火口というよりクレーターと言った方が良いかもしれません。

樽前山8

火口の真ん中には巨大な溶岩ドームが瘤のように盛り上がり、辺り一面草木一本も無い岩と砂だけの世界。

SF映画なんかで見るような何処かの惑星の世界がそこに広がっていたのです。

樽前山9

この溶岩ドームが樽前山の最高峰。でも樽前山は活火山でガスが吹き出て危険なので溶岩ドームや火口原への立ち入りは禁止されています。

樽前山10

溶岩ドームをズームアップ。

樽前山11

3.外輪山を歩く

火口縁からは外輪山をぐるっと一周してみる事にします。その途中に樽前山神社があります。

樽前山12

樽前山神社は石を積み上げただけの造りでした。後ろには外輪山の一つ、西山が見えます。

樽前山13

爽快で楽しい外輪山歩き。

樽前山14

樽前山神社から次に目指していた西山(995m)が間近に見えてきます。

樽前山15

西山最後の登り。山頂には無人の火山計測器が建っています。

樽前山16

西山山頂から望む樽前山の溶岩ドームと火口原。

樽前山17

西山から見た溶岩ドーム。

樽前山18

4.最高点の東山山頂へ

西山から東には風不死岳(ふっぷしだけ)が間近に望めました。

全山新緑に包まれた風不死岳は、荒涼とした樽前山と対照的な姿をしていたのが印象的です。

樽前山19

外輪山から支笏湖を見下ろして。

樽前山20

西山を後にしてさらに外輪山をぐるりと廻り、外輪山東側にある1022m峰(東山)の登りに差し掛かりました。

樽前山21

1022m峰の東山に立ちました。溶岩ドームに立ち入れ無い現在はここが樽前山の山頂になっています。

樽前山22

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました