奥多摩・鷹ノ巣山~癒されて浅間尾根

奥多摩・丹沢

登山した日-2018.5.5

5月のゴールデンウイーク。
奥多摩の『鷹ノ巣山』へ、浅間(せんげん)尾根コースから登ってみました。

浅間尾根コースは登りやすくて、新緑が綺麗。マイカーが無いと行き辛いけれど
ハイキングするにはおすすめのコースです。

今回歩いたコースと時間

7:10登山口7:30浅間神社お堂9:10水場9:15鷹ノ巣山避難小屋10:00分岐10:30鷹ノ巣山山頂11:30鷹ノ巣山避難小屋12:50登山口下山 (計5時間40分)







※登山口付近に車数台分の駐車スペース(路肩)あります。

1.最奥の集落から

登山口のある奥多摩町の奥集落へやってきました。
奥多摩町でさえ山奥にあるのに、そこからさらに奥の奥、
細い山道を走り続けないとここへは辿り着けません。

鷹ノ巣山浅間尾根1

登山口は林道の法面にあります。

鷹ノ巣山浅間尾根2

法面を上がった所から奥集落を見下ろしてみました。
標高1000mにあるたった数件の集落。
でもここは東京都・・・。
なんだか信じられない感じ。

鷹ノ巣山浅間尾根3

登山口から20分ほど歩くと見えてきた浅間神社の鳥居。
『今日も安全に怪我なく登山できますように!』
と、頭の中で願いながら鳥居をくぐりました。

鷹ノ巣山浅間尾根4

辺りはすっかり新緑。

鷹ノ巣山浅間尾根5

鳥居から少し登った先に小さなお堂がありました。

鷹ノ巣山浅間尾根6

お堂を過ぎると、本格的な登り道で、
スギやカラマツの人工林が広がります。
結構急坂なので、しんどいけど、
まだ序盤の序盤。
がんばっていきましょ。

鷹ノ巣山浅間尾根7

急坂を越えると、勾配が緩やかになって、
美しい新緑の森が広がってきました。

鷹ノ巣山浅間尾根8

2.浅間尾根の核心、新緑の美林を行く

この辺りは、広い尾根筋で、
時々ブナの巨木に出会えます。

鷹ノ巣山浅間尾根9

尾根道に広がる美しいブナの森。
この辺り、なだらかな尾根道で歩きやすいから
余裕なキモチで景色を堪能出来るんですよね。

鷹ノ巣山浅間尾根10

時々ミツバツツジの花が森に彩りを与えてくれる・・・。最高!

鷹ノ巣山浅間尾根11

まだまだ続く、新緑の森。
あぁ~心が癒やされる~。

鷹ノ巣山浅間尾根12

森を見上げると緑色のシャワーが眩しいです。

鷹ノ巣山浅間尾根13

途中にあった伐採地から望んだ鷹ノ巣山。
もう間近まで来てるっぽい。

鷹ノ巣山浅間尾根14

鷹ノ巣山の山肌も新緑色。

鷹ノ巣山浅間尾根15

浅間尾根上部まで登ると、美しかったブナの新緑の森はなくなって、
アセビの森が広がるようになります。

鷹ノ巣山浅間尾根16

浅間尾根上部の水場。
ここまで来れば主稜線まであとわずか。
火照った身体を覚まそうと湧き水を口に含むと、冷たくて美味しいけど
ちょっと雑味を感じる水。

鷹ノ巣山浅間尾根17

水場から数分登ると主稜線に辿り着きました。
分岐に立つ鷹ノ巣山避難小屋。
周りはちょっとした広場になっていてベンチもあるから
絶好の休憩ポイント。

鷹ノ巣山浅間尾根18

鷹ノ巣山避難小屋から鷹ノ巣山方面を望んだけど、ここから山頂はまだ見えません。

鷹ノ巣山浅間尾根19

3.鷹ノ巣山最後の登りへ

避難小屋から直接鷹ノ巣山へ行けるけど
今回は巻道を使い鷹ノ巣山の裏側(東側)へ回り込んでから
山頂へ向かいます。

鷹ノ巣山浅間尾根20

鷹ノ巣山東側へ到着。
ここから鷹ノ巣山最後の登りに取り掛かります。

鷹ノ巣山浅間尾根21

見えてきた鷹ノ巣山。

鷹ノ巣山浅間尾根22

鷹ノ巣山の上部は灌木とササ原の世界。

鷹ノ巣山浅間尾根23

立派な標識が立つ鷹ノ巣山山頂。
無事に到着しました!

鷹ノ巣山浅間尾根24

広々とした山頂からの展望は、南面からの眺めがすばらしくて
絶景が広がっています。
いい天気に恵まれて本当に嬉しい。

鷹ノ巣山浅間尾根25

写真中央奥に富士山がうっすら見えます。
空気がもっと澄んでいたら、よりクリアに見えるんだろうけど、
これだけでも十分満足。
ちなみに中央手前の緑の尾根が、登って来た浅間尾根。

鷹ノ巣山浅間尾根26

鷹ノ巣山の西側には、奥多摩最高峰の雲取山も遠くに望めました。
いつか時間があったら鷹ノ巣山から雲取山まで歩いてみたいね。

鷹ノ巣山浅間尾根27

奥多摩の高い山に登りたい!
楽に登りたい!
自然にどっぷり包まれたい!
そんな時に、この浅間尾根コースを選ぶと良いかもしれませんね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました