谷川岳&一ノ倉岳&茂倉岳~灼熱の稜線【前編】

谷川連峰/赤城/武尊

登山した日-2012.7.27

夏本番の7月下旬に谷川岳(1977m)・一ノ倉岳(1974m)・茂倉岳(1978m)を日帰り縦走しました。
登りは西黒尾根コースを、下りは巌剛新道(がんごうしんどう)を歩いてみたけど、どちらも急登降が連続するキツイコースです。

※この記事は全2ページあります。

今回歩いたコースと時間

4:00土合駐車場4:20西黒尾根登山口6:30ラクダのコブ8:00谷川岳トマの耳9:30一ノ倉岳10:00茂倉岳11:50谷川岳トマの耳12:50分岐点15:00巌剛新道登山口15:40土合駐車場着  (計11時間40分)













1.土合口から西黒尾根を登る

真夜中にバイクで自宅を出て、登山口の土合駐車場へ着いたのは午前4時。
まだ外は真っ暗で星空は無く、天気は曇り。生ぬるい風に包まれていました。

登山指導センターで登山届を出して、西黒尾根登山道へ向かいます。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏1

西黒尾根の登山口へ入るとキツイ登り道で、一服する暇すら与えてくれません。西黒尾根は『日本三大急登』と呼ばれてるだけあって全くそのとおりでした。

でも登山をスタートしたばかりで、体力・気力ともに満タンの僕にはこの登りはそれほど苦に感じる事は無く、むしろ高度を一気に稼げるからありがたいかも。

ところで西黒尾根はキツイから登山者に敬遠されているのかと思いきや、登山道は沢山の踏み跡が残っていました。普段から沢山登山者が往来しているようです。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏2

辺りは深いブナ林で視界は殆ど無く、谷川岳をマトモに望む事が出来ません。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏3

やがて太陽が昇り始め、ブナの森の中に日差しが注ぎ込んできます。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏4

どのくらい森の中を登り続けたんだろう・・・。長く感じた樹林帯の登りもそろそろ開けそうな予感。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏5

2.谷川岳を捉える

予感は的中!森を抜けると見晴らしの良い展望地に出ました。向こうに天神平スキー場と谷川岳ロープウェイが見えました。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏6

展望地から先は鎖場の連続で最初の岩場を登ると、谷川岳の連なりやマチガ沢にへばりつく雪渓を捉えました。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏7

マチガ沢雪渓をズームアップ。7月下旬だというのにまだ雪が豊富。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏8

次から次へと現れる鎖場。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏9

鎖場を乗り越えて最初のピーク、ラクダのコブ(1516m)に立ちました。
ここで西黒尾根の約半分を登りました。

マチガ沢から吹き上がってくる風が、火照った僕の身体を一気に冷ましてくれます。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏10

谷川岳山頂は雲の中。山頂に立つ時は晴れてくれるかな・・・。それがちょっと心配。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏11

ラクダのコブを少し下った所(ラクダのコル)に、巌剛新道と西黒尾根登山道の分岐点があります。

帰りはここから巌剛新道を下る予定。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏12

3.西黒尾根の核心へ

ラクダのコルから先は、標高差およそ400mの登り返しが待っていました。
今からこれを登らないといけないのかと思うと、イマイチテンションが上りません。でもこれを登り切れば谷川岳山頂です。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏14

この辺りから色とりどりの高山植物が現れて、心を和ませてくれます。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏13

谷川岳山頂が随分間近になってきました。大声を上げれば届きそうなくらいです。
でも登り勾配がとにかくキツくて、感覚的にはまだまだ先。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏15

西黒尾根上部にある『ザンゲ岩』までなんとか到達・・・。

ところでなんでザンゲ岩なんて名前が着いているんだろう。
岩から下を覗き込む姿が懺悔してるように見えるからとか?

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏16

4.絶頂の谷川岳山頂

ザンゲ岩を越えると、勾配がガクッと緩くなり随分歩きやすくなります。
尾根道の先に谷川岳山頂が間近に見えて、辛かった登りもいよいよラスト。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏17

山頂に横たわる雪渓を踏みしめて。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏18

夏空と標識。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏19

谷川岳山頂まであと残りわずか・・・。頑張れ!あともう一息。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏20

谷川岳山頂(トマの耳:1963m)に立ちました。西黒尾根はキツかった~。
山頂についた途端ヘナヘナになって地面に倒れ込みました。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏21

谷川岳には山頂が2つあって、向こうに見えるのがオキの耳(1977m)で向こうの方が標高が高いです。
とりあえずひと休憩入れてから、オキの耳へ行くことにしよう。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏22

オキの耳をズームアップ。時間の経過とともに雲が取れました。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏23

谷川岳トマの耳から西側に続く国境稜線の峰々もさっきまで雲に隠れていたのに、どんどん晴れてきました。

谷川岳茂倉岳一ノ倉岳夏24

ジオラマ地図 谷川岳
ラリーグラス楽天市場店
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました