谷川連峰・馬蹄形半分縦走(中編)

谷川連峰/赤城/武尊

白毛門から笠ヶ岳・朝日岳を越えて清水峠へ!

登山した日-2012.10.14

登山日記
写真ギャラリー
地図データ

笠ヶ岳への道のり

白毛門から望んだ笠ヶ岳や烏帽子岳の山並みはあまりにも膨大なので、白毛門の直登ですっかり参っていた僕はそれを見てすっかり弱気モード。ふと『来た道を戻ろうか』なんて考えたりと及び腰になります。

でも目の前に広がる、烏帽子岳まで続く錦色の稜線を見ていると、あの中に踏み込んでいきたい欲望が湧いて来て、弱音モードがかき消されると引き続き前進する事を心に決めて、カロリーと水を補給してしっかり疲労の回復させてから歩き始めました。

次の笠ヶ岳(1852m)まではおよそ一時間の稜線歩きで、緩やかなアップダウンを歩き続けていると、晴れていた空は次第に曇りがちとなって強風に見舞われるようになり、大気も霞んで谷川連峰の景色はぼんやり見える程度になってしまいました。

緩やかだった稜線歩きは笠ヶ岳の登り返しに差し掛かると急坂になって息が切れます。斜面一帯に広がるササ原は吹き付ける強風に叩きつけられながら風紋を草原上に描いていました。

笠ヶ岳山頂に立つと一人の男性が居るだけでした。見晴らしが良く一服するには良い場所だけど、風が強いからここには滞在せずそのまま朝日岳へ向かいます。

正面に笠ヶ岳(左)と烏帽子岳(中央)を眺めながらの稜線満歩。
ササの斜面が広がる笠ヶ岳最後の登り。
笠ヶ岳山頂より、中央に見える尾根が烏帽子岳で、左奥に見えるなだらかな山が朝日岳。

険しい尾根道を越えて朝日岳へ

笠ヶ岳から少し下った鞍部に建つ笠ヶ岳避難小屋はまるでドラム缶を半分に割ったような簡素な建物で、辺りはササやハイマツ、盆栽状にねじ曲がったコメツツジだけが広がっているだけで、どうやらここは風の通り道のようです。

鞍部を過ぎると登り返しになって小烏帽子岳の小ピークへ到着し、ここから先はやせ細った尾根道でアップダウンが連続するしんどい道です。先へ続く尾根の先に朝日岳の大きな山体が横たわっていました。

いくつかの小ピークを乗り越えて辿り着いた朝日岳の山頂は広々としていて展望も360度思いのまま。でも霞んだ空気に包まれて広がる谷川連峰のパノラマはいまいちぱっとしません・・。

これで今日のコースを半分歩いた事になります。というよりまだ半分も歩かなきゃいけないのか・・・。時計を見ると午前11時で蓬ヒュッテまではあと4時間。日暮れが早くなったこの時期の事を考えるとあまりゆっくり出来ないし、それに相変わらず風が強くて寒いので、山頂での滞在は程々にして清水峠を目指します。

笠ヶ岳山頂を離れて烏帽子岳へ向かうと登山道は一旦下り坂。その途中に笠ヶ岳避難小屋が見え、その後ろには烏帽子岳が立ちはだかります。
烏帽子岳(大烏帽子付近)から望んだ朝日岳。
朝日岳山頂は広々とした展望地で、写真左に歩いて来た烏帽子岳の連なりを望みました。

秋色の自然に包まれながら清水峠へ

朝日岳からジャンクションピークへ向かう道中には大きな湿原と草原が広がっていました。

黄葉の草原と黒みがかった池塘、そしてササの緑が見せる湿原の色合いはとてもキレイ。だけどこれが夏だったら花々に包まれてもっとキレイなはず。

なんて想像してたら急な下りに差し掛かってジャンクションピークを過ぎると、傾斜は更に増して膝に応える辛い下りが続きます。登山道の両側は切れ落ちたヤセ尾根で足を滑らしたりすると谷底へ真っ逆さま。

ひたすら下り続けて『池ノ窪』と呼ばれる小さな池塘まで来れば、勾配は緩やかになって歩きやすくなりました。一面のササ原が広がる緩やかな尾根道を歩き続けると三角屋根の大きな建物(JRの送電線監視所)と小さな白崩避難小屋が建つ清水峠へ到着。建物もあるし休憩場所には最適の地なのに誰も居ません。強風で擦れ合うササの音だけが寒々しく響いているだけでした。

朝日岳山頂周辺は草原と湿原が広がる雲上の別天地。
湿原はすっかり色褪せて殺風景。
ジャンクションピークを見上げて。
ジャンクションピーク周辺は黄葉に染まった草原が一面に!
ミネカエデの黄色やナナカマドの赤、ササの緑色が綺麗だな!
JRの送電線監視所と白崩避難小屋が建つ清水峠が見えてきました。
朝日清水峠に建つJRの送電線監視所はなんだか山小屋みたいだけど建物の中へは入れません。

朝日岳&白毛門写真ギャラリー

※クリックすると拡大します。

朝日岳&白毛門登山地図

※この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を使用しました。(承認番号 平22業使、第609号)

データ

登山に要した時間
土合口登山開始6:30→朝日岳11:00→清水峠13:00→土合口下山18:00
トータル11時間30分

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました