南八ヶ岳・赤岳~撤退編

八ヶ岳/蓼科周辺

冬の八ヶ岳・赤岳へ美濃戸口から登山したけど、運動不足がたたって途中敗退・・・

登山した日-2013.2.23~24

赤岳登山の玄関口・美濃戸口へ

5人パーティで挑む今回の冬の赤岳登山のプランは

【一日目】美濃戸口→行者小屋でテント泊
【二日目】行者小屋→地蔵尾根→赤岳山頂→文三郎尾根→行者小屋→美濃戸口

という一般的なコースで挑戦します。

久しぶりの登山だから体力が心配だけどなんとかなるだろう!今までの登山でもずっとそうだったんだし。といつもの楽観的な思考。

2月23日。一日目は好天で始まる幸先の良いスタート!八王子駅で友人の車に同乗して中央自動車道を走って行くと、白銀の富士山が見えてテンションが少し上がり、笹子トンネルを抜けて甲府盆地の背後にそびえる白峰三山や甲斐駒ヶ岳が見えるとさらにテンションが上がり、目指す南八ヶ岳連峰の白い刃が眼前に近づいた頃にはすっかりハイテンション!

ちなみに明日の天気は曇りのち晴れで冬型の気圧配置・・・八ヶ岳は天気が荒れそうだけど、今見る頂きの何処にも雲は無く青空に包まれてとても天気が悪くなるような感じじゃありません。

小淵沢ICを降りると道路脇に雪の壁が現れて、美濃戸口に近づくに連れて雪の量は加速度的に増えてきました。

八ヶ岳冬1 八ヶ岳の登山玄関の美濃戸口は冬の寒い時期でも多くの登山者で賑わっています。

単調な林道歩き

赤岳登山玄関口の美濃戸口へ着いたのは午前11時で、その時間帯は駐車場はほぼ満杯だし美濃戸山荘の周りにはこれから赤岳を目指す人、降りて来た人が入り混じって喧騒に包まれていました。

美濃戸口から先の赤岳山荘まで一応車で入れるけど四輪駆動車じゃないと厳しいので、今回はここから林道を1時間かけて歩いていきます。

この林道はとても単調で歩いていてもツマラナイい道だから、友人もつまんねーと愚痴をこぼしているけど、僕は登山自体が久しぶりだったからそこまで単調に感じませんでした。キーンと澄んだ空間に広がるカラマツの森や、雪面に日差しが反射して明るく輝く森の光景はなかなか綺麗。ああっ雪の中を登山をしてるんだー!って実感が湧いて楽しくなります。

でも・・・楽しめたのは歩き始めた最初の2~30分だけ。なんだかペースが乱れてきました。

久しぶりに背負う重たい荷物が肩に食い込んで上半身が締め付けられるから吐き気を催す程に気分が悪くなり、体重を支える下半身の筋肉も重量に耐え切れずズキズキ痛み始めたのです。

やっぱ運動不足が祟ったなぁ・・・と今更痛感しても遅すぎです。

苦痛を必死に我慢しながら林道をひた進みます。

八ヶ岳冬2 喧騒の美濃戸口をちょっとでも離れると静寂のカラ松林が広がる世界。

八ヶ岳冬3 美濃戸口から林道を小一時間歩いて赤岳山荘へ到着。

八ヶ岳冬4 赤岳山荘まで来ると、眼前にそそり立つ阿弥陀岳を望めてちょっと興奮。

行者小屋のテント場へ

赤岳山荘を越え林道終点付近に立つ小屋(美濃戸山荘)まで来ると、北沢コースと南沢コースの分岐点が見えてきました。

北沢は赤岳鉱泉方面、南沢は行者小屋方面へ向かう道となっていて、ここで南沢コースを選択して進むと本格的な登山道になりました。鬱蒼と広がる針葉樹の森の中は静寂そのもので、時折下山して来る登山者とすれ違う他には誰もいません。

単調なシラビソの景色に飽きて来ると、時折森が開けて阿弥陀岳の真っ白く険しい頂きが出現して心が躍るけどごく一瞬だけで、行程のほとんどは視界の無い森の中をただ歩き続けるだけのです。

さて、この辺りで僕は完全にバテてしまいました。

登山道の雪はしっかりと踏み固められているから、歩くのに何の障害にもならないし、傾斜もそこまでキツく無いから普通に歩けば2時間程度で登れる道が、今回は5時間もかかってしまい、行者小屋のテント場へたどり着いた時には夕闇に暮れようとしていました。

すでにテントの花が咲き、あちこちから夕飯時の賑やかな声が飛び交う中を、僕はブルブル震えながらテントの設営をして、テントの中へ潜り込んだ時には疲労と寒さから開放された反動でしばらく放心状態でした。

持って来た温度計を外に出して見ると、夜7時頃でマイナス16度と冬山ではごく普通の温度。去年の2月に北八ヶ岳の天狗岳を登山した時はマイナス23度だったから、その時よりかは暖かいけどやっぱり寒いです・・・。

熱々の食べ物やアルコールを口にして早々に寝袋にくるまってライトを消しても、外は月明かりでテントの中は意外と明るいままでした。

八ヶ岳冬5 行者小屋への道程。やがて前方に白い頂きが見えてきたそれは横岳の岩壁。

八ヶ岳冬6 横岳の巨大で白き絶壁は圧倒的な迫力。

八ヶ岳冬7 横岳の絶壁を捉えながら行者小屋へひたすら前進。

八ヶ岳冬8 夕方に行者小屋のテント場へ到着すると、すでに先客のテントの花が咲いていました。

暴風と視界不良の悪天候

風の音とテントの生地に頭を叩かれて目が覚めたのは真夜中の12時。

昨日は無風だったのに天候はいつの間にか悪化。風で唸る山の音を聴き続け、時折テントが傾く程の強風と寒さに耐え続けながらウトウトして、午前4時にテントから外へ出るとガスで視界は殆どありません。

当初予定していた地蔵尾根コースは止めて文三郎尾根から赤岳をピストンすることに変更して出発準備。他のテントのメンバーも続々と赤岳山頂へ向けて出発していました。

風は止んだ思えば暴風になったりと強弱の差がとても激しく大気は非常に不安定。出発準備が整ってテント場を離れる頃には吹雪いてきました。

八ヶ岳冬9 二日目の朝は悪天候で始まりました。

八ヶ岳冬10 昨日は綺麗に見えていた横岳の絶壁は灰色の雲の中。

八ヶ岳冬11 天気は悪いけどとりあえず出発。

八ヶ岳冬12 時折横殴りの吹雪がテント場を襲うと視界はほとんど無くなります。

体調不良で撤退

朝起きた時はそれほど疲労を感じなかったのに、文三郎尾根の登りにかかると、突然足が上がらなくなってしまいました。そして昨日同様強烈な疲労と吐き気に襲われてどうにも動けません。なので登山開始早々僕はここで引き返し、友人達はそのまま山頂を目指してもらうことにしました。

行者小屋からたった150m程登った程度でノックダウンとは・・・ここまで体力が落ちてたなんて。無人のテントに戻り寒さにガタガタ震えながら、運動不足を痛感し続けました。

しばらくして予定よりも早く友人達が下山してきたので理由を訊くと、中岳分岐手前であまりの強風と悪点で引き返してきたそうで、この日赤岳を目指した他の登山者も殆どここで引き返していたそうです。

ちょっと休んで暖かいものを口にして、午後12時にテント場を後にして元来た道を下ります。

針葉樹に包まれた谷筋をどんどん下ると、風も収まって辺りは随分静かになりました。それでも時折つむじ風みたいなものが下から吹きあげて、枝葉に積もった雪や氷を辺り構わず撒き散らします。

美濃戸山荘まで降り立ち、再び林道を歩いて美濃戸口へ戻って来たのは午後3時。

ザックを下ろして休んでいると友人が『ネズミがいる!』と叫ぶので見てみると、それは小さな『ヒメヒミズ』というモグラでした。今まで数え切れない程山に登ってヒメヒミズを見たのはたった2回だけでしかも死体ばかり。生きたヒミズに出会うとは思ってもいませんでした。

今回はバテたし天気悪かったし赤岳山頂行けなかったし散々な登山だったなぁ・・・という気持ちはこのヒメヒミズの出会いで全て吹き飛びました。はっきり言ってこれだけでも八ヶ岳に来た甲斐があったというものです。

八ヶ岳冬13 文三郎尾根取り付きへやってきました。眼前にそびえる赤岳はガスで見えません。

八ヶ岳冬14 阿弥陀岳方面を望むもガス。

八ヶ岳冬15 一瞬だけガスが取れて白銀の阿弥陀岳が姿を見せてくれました。

八ヶ岳冬16 テントを撤収する頃には若干青空が見えてきたけど、風は衰える気配はナシ。

八ヶ岳冬17 結局今回は山頂へは立てず・・・元来た道をトボトボと帰ります。

八ヶ岳冬18 美濃戸口へ降りたら雪の上をネズミみたいなのが這いまわっているのを発見。

八ヶ岳冬19 それはヒメヒミズというとても珍しい生き物でした。もぐらの仲間のようです。

八ヶ岳・赤岳登山地図

登山に要した時間
(一日目)12:30美濃戸口→17:30行者小屋
(二日目)8:00行者小屋→(登山中止)12:00行者小屋→15:00美濃戸口

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました