外秩父/笠山・堂平山~埼玉の桃源郷【前編】

奥武蔵周辺

登山日記
地図データ/写真ギャラリー
関連記事

今回は外秩父の笠山(842m)堂平山(876m)へ行ってみました。

『外秩父』は、埼玉県秩父市の東側に広がる標高200m~900mほどのなだらかな山地で、東京都でいう『高尾山』『陣馬山』みたいな所です。沢山のハイキングコースが縦横無尽に走っていて、駅などの公共交通機関を使って手軽に登山ができるのでハイカーに人気の場所です。

登山した日-2013.4.4

東秩父村・埼玉の桃源郷へ

前日のまとまった雨が嘘のように晴れ渡った今日。

自宅からバイクを走らせて熊谷市から寄居町へ入り、県道11号線の山道を進んでいくと、東秩父村ののどかな里山の風景が広がってきました。満開のサクラやモモがあちこちにあってとてもきれい。熊谷市街のサクラはもう葉桜になろうとしているのにここでは見頃です。

そろそろ登山口のある『白石車庫バス停』へ到着するはず。地図だとその手前に駐車場があるからここへ行こう。でも探せど駐車場らしきものが見当たらず白石車庫バス停まで来てしまいました。

Uターンしてゆっくり走りながら辺りを見渡すと小さな公園が見えてきました。地図と現場を照らし合わすとここが駐車場なんだけど、ブランコや遊具があるしどう見ても公園。でも車が一台停まっていたので、ここに停めさせてもらうことにしました。

この公園から県道11号線を道なりに歩いて、再び白石車庫バス停までやってきて『堂平山方面』の看板通りに歩いていきます。

道路脇には沢山のモモが植えられていてちょうど今が満開。サクラと競いあうように咲くその光景はまさしく桃源郷。集落全体が桃色に染まっていました。

公園の隅にバイクを停めて出発します。
白石集落を白石車庫バス停へ向けて歩いていくと、左奥に堂平山が見えてきました。
桃や桜やコブシの花々に包まれた集落。これはまさに桃源郷!

スギ林を越えて笠山へ

最初に目指す笠山の登山口を探して集落の中を歩いていくものの、『堂平山』方面の標識はあっても『笠山』の標識がありません。あれれ・・・どこかで見落としちゃったかなぁと
地図と地形を確かめながら進んでいくと、道は個人の住宅の敷地内へ入り込むように続いていました。

このまま進むと他人の家の庭へ踏み込んでいくような感じがしてちょっとドキドキ。でもその先にやっと『笠山』の標識を見つけてほっと一安心。登山道へ入ると辺りは一面のスギ林へと景色は変化。もう4月でスギ花粉シーズンは収束していたから花粉臭いことはありません。

しばらく登ると林道に出てこれをまたぐと再びスギ林の登りが続き、またまた林道に出てその先は急斜面の登りになって、やがて笠山~堂平山の主稜線へたどり着きました。

主稜線に沿って走る登山道は長年の登山者の往来で道幅が広く踏み固められていて、普段から大勢のハイカーさんで溢れていることが伺えます。でも今日はダレもいません。

数分ほど登ると目の前の視界が開けて笠山の山頂(837m)へ到着しました。南面は木々に覆われて何も見えなかったけれど、北面は開けていて外秩父の山並みや、寄居町・熊谷市の街なみを望むことができました。

さて笠山の山頂はもう一つあって、ここから数分歩いた先にありました。そこには神社が建っていて標高は842mでこっちが5mほど高いみたいです。展望は837mの山頂同様木々に包まれてあまり良くないものの、北側がわずかに開けてそこから関東平野を望むことができました。

笠山への登山口は個人の住宅地へ入り込んでいくような感じ。ここを進んでいくと・・・。
笠山の看板が見えてきました。
一面のスギ林の森の中。しばらくこんな景色が続きます。
笠山の主稜線直下まで来ました。勾配がきつくなってきます。
笠山~堂平山間の主稜線へ到着。あと数分登れば笠山山頂です。
笠山山頂(837m)。
笠取山の最高点(842m)に建つ神社。
山頂から眺める東秩父村の里山の風景。

緩やかな起伏を越えて堂平山山頂へ

次は堂平山を目指します!

笠山から南へ向けて尾根道を下って行くと林道に降り立ち、林道に沿っての緩やかな登り降りを越えると笠山~堂平山の鞍部にある『七重峠』へたどり着きました。

七重峠から先は堂平山の登り返しでジグザグの登りが連続。スギやコナラが広がる森の中を登り続けると、突然視界開けて芝生が生い茂る台地へ出ました。

最初はゴルフ場に出たのかと思って地図を見たら、『パラグライダー発進地』と書いてあります。芝生の向こうに見える高台には小さな天文台の建物が見えて、そこが堂平山山頂でした。

天文台までは車道が通じていて、数台の車とタクシーが停まっていて観光客らしき人が辺りにチラホラ。天文台から少し離れた所が芝生状に開けていて、そこが堂平山の山頂(876m)でした。

山頂からの展望は笠山よりもはるかに良好で秩父盆地や関東平野を一望できます。でも日が随分高く上がった分少し霞んで良く見えません・・・ちょっと残念。

明るい雑木林の向こうに見えて来た堂平山。
振り向けば笠山。なかなか堂々とした山容ですね。
堂平山の登り道に広がる落葉樹の森は明るくて心地いいです。
森を抜けると芝生の丘が広がり向こうに天文台が見えます。あそこが堂平山山頂です!。
堂平山山頂と天文台。

笠山・堂平山登山地図

※この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を使用しました。(承認番号 平22業使、第609号)

データ

10:10駐車場→10:30白石車庫バス停→11:30笠山山頂→12:50堂平山山頂→13:20白石峠→14:20定峰峠→15:00白石峠→16:00白石車庫バス停

●登山に要した時間 / 約6時間

笠山・堂平山写真ギャラリー

※クリックすると拡大します。

関連記事

笠山・堂平山に関する登山日記

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました