大持山・小持山・武甲山、春の秩父へ【後編】

奥武蔵周辺

登山した日-2015.4.28

前編はコチラ→大持山・小持山・武甲山、春の秩父へ【前編】

4.痩せ尾根で出会った桃色の花

大持山から小持山までは片道40分程と、長い距離ではありません。
でも痩せ尾根の登下降が連続する緊張した登山が続きます。
時々目もくらむような岩場に出ると、大持山山頂の展望以上に絶景を見渡す事が出来ました。

大持山武甲山18

この痩せ尾根を進んでいると、今まで見る事のなかったものが突如あらわれました。
ピンク色の謎の花です。

大持山武甲山19

その花の正体はヤシオツツジでした。
麓で見るツツジより少し大きい花を付けて、申し訳程度にパラパラと咲いて風に揺られています。
その様はまるで蝶が舞ってるようにも見えます。

大持山武甲山20

ヤシオツツジと武川岳。

荒々しい痩せ尾根の世界で、このピンクのヤシオツツジは心に癒やし与えてくれる救世主的存在でした。

大持山武甲山21

萌黄色に染まりつつ有る山肌。

大持山武甲山22

尾根から望む武甲山。

4月とは思えないジリジリ照りつける夏のような陽射しを受けながら、尾根を歩き続けていきます。

大持山武甲山23

お昼前に小持山へ到着しました。
山頂には単独の登山者が数名と、グループの方々が日陰で休んだり昼飯を食べたりしていました。山頂のスペースはそれほど広くはありません。

あ・・・暑い。何処か日陰は無いかな。

でも狭い山頂、日陰は人で埋まっていて休めるスペースはありませんでした。まだ歩いてたほうがマシかも。水を一口だけ飲んでこのまま前進することにしました。

大持山武甲山24

5.小持山を下って武甲山最後の登りへ

小持山山頂を過ぎると急な下り坂でした。

ちょうど真正面には武甲山がどっしりとそびえています。この景色を常に捉えながら、岩場や滑りやすいジグザグのザレ場を一気に下っていきます。

大持山武甲山25

シラジクボの分岐手前の森。

大持山武甲山26

木々を見上げて。

大持山武甲山27

キツイ下り坂が一段落して間もなく、小持山~武甲山間にあるシラジクボという鞍部に到着。
この先は武甲山の登り返しです。

大持山武甲山28

武甲山の登り返しは、カラマツ広がる林の中の直登。

大持山武甲山29

カラマツの森にバイケイソウが広がって来ると登り返しが一層キツくなり、足取りが乱れてきました。さらに暑い陽射しにもさらされて息が切れます。

苦しいけど、ここを登り切れば今日の登りはこれでおしまいだから、あとちょっとの辛抱です。

大持山武甲山30

振り返ると歩いて来た大持山・子持山はすっかり遠くに。

大持山武甲山31

6.武甲山、登り切った先に見た展望

急坂を登り切ると勾配はガクッと緩くなって、スギの森に入りました。
日差しと急坂の苦しさから逃れられてほっと一息です。

前に進んでいくとだんだん人の数が多くなって、山頂に建つ御嶽神社が見えてきました。
木陰では登山者たちが、ベンチや地べたに座って三々五々休んでいました。

大持山武甲山32

御嶽神社の狛犬。

大持山武甲山33

僕も疲れたので木陰に休んでしばらくすると、雷が落ちたような爆音が聞こえました。石灰岩採掘のダイナマイト発破の音です。その音に釣られるように神社裏の山頂の展望地へ行ってみます。

大持山武甲山34

展望地からは秩父盆地を一望できました!車や建物、ありとあらゆるものが小さな点でしか見えません。

展望地を囲うフェンスから下を除くと、採掘で削られ断崖になっていてさらに下の方では重機やダンプが動きまわって白い砂塵を巻き上げていました。

大持山武甲山35

武甲山も登頂し終えたし今日の登山はこれでおしまいです。

あとは武甲山から下山口の一の鳥居まで、ひたすら展望のないスギ林を下るだけ。

バイク事故後、実に半年振りの登山でした。身体に痛みはもう無くてこれで登山完全復活です。

大持山武甲山36

関連記事

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました