奥武蔵・新緑の二子山&武川岳&伊豆ヶ岳周遊記【後編】

奥武蔵周辺

新緑の武川岳(1052m)、伊豆ヶ岳(851m)周遊記第二弾です!

登山した日-2014.5.4

なだらかな山容の武川岳

焼山を後にすると樹林の中の下り坂。しばらく歩くと林道に出てここを横断すると、蔦岩山(つたいわやま:1000m)のキツイ登り返しに差し掛かりました。岩が露出する急勾配の登り道で先行している登山者の足取りも何だかおぼつかない感じ。でも登る距離はそれほどでも無いから一気に駆け上がると尾根のてっぺんに出ました。蔦岩山山頂に到達です。

ここではじめて目にした武川岳の頂はなだらかな山容と新緑の山肌。なかなか優しい山容で癒やされる光景です。

蔦岩山まで来れば武川岳山頂までゆるやかな尾根道を30分程歩けばいいだけ。たどり着いた武川岳山頂は、木々に包まれて360度の展望!とはいかなかったものの、南面が開けてそこから秩父の山並みを堪能できました。

山頂を包む新緑と春の日差しの暖かさに包まれながらしばらくここで一服しましょう。

奥武蔵二子山18 焼山を過ぎて少し進むと行く手に蔦岩山が立ちはだかります。この山を越えれば武川岳はもう目の前。

奥武蔵二子山19 蔦岩山直下の急登。息を切らしながらひたすら前進。

奥武蔵二子山20 蔦岩山を登り切ったら目の前に武川岳が。ゆったりしたなだらかな山容でそびえます。

奥武蔵二子山21 新緑の武川岳と桜。

奥武蔵二子山22 武川岳山頂です。新緑と暖かい陽射しに包まれた山頂で登山者が思い思いの時間を過ごしていました。

奥武蔵二子山23 武川岳山頂は木々に覆われていますが、南側だけが開けて秩父の山並みを堪能できます。

人混みに溢れかえる伊豆ヶ岳

武川岳を後にして山伏峠経由で伊豆ヶ岳(851m)を目指します。

針葉樹と広葉樹が尾根を挟んで分かる中を下っていきます。新緑やミツバツツジの花に彩られた尾根道を下っていくといつしかスギ・ヒノキだけの暗い人工林に突入。そして山伏峠に近づく頃木々の隙間から伊豆ヶ岳が見えてきました。伊豆ヶ岳は武川岳よりも標高が低いけど、山容の険しさは伊豆ヶ岳の方が上。と思えるほど険しくそそり立っています。

舗装された車道が走る山伏峠まで降り立つと伊豆ヶ岳の登り返しに差し掛かり、勾配は急になって辛い登りがひたすら続きます。

ジグザグの滑りやすい斜面を登り続けていると、上の方から賑やかな声と共に人の姿が見えてきました。息を切らしながら登り切ると岩地に建つ標識が見えて伊豆ヶ岳山頂へ到着です。

伊豆ヶ岳へ立ってびっくり。そこには大勢の登山客で大賑わい!

あまりの人の多さにちょっと長居は出来なさそう。早々に山頂を後にしようとするも登山道はちょっとした渋滞で詰まってるし前後からどんどん人がやってくるから思うように身動きできません。

それらの登山者は西武秩父線の正丸駅方面から登ってきた方ばかりでした。

奥武蔵二子山24 武川岳山頂を後にして山伏峠へ。

奥武蔵二子山25 鮮やかな黄緑色がきれいなイヌブナの新緑。

奥武蔵二子山26 伊豆ヶ岳(851m)が見えてきました。

奥武蔵二子山27 武川岳~伊豆ヶ岳間にある山伏峠へ到達。ここから先伊豆ヶ岳の登り返しが待ってます。

奥武蔵二子山28 山伏峠から伊豆ヶ岳の登山道へ入ると辺りは深いスギの森。

奥武蔵二子山29 スギの森の中にぽつんとある古い祠。

奥武蔵二子山30 伊豆ヶ岳山頂。

奥武蔵二子山31 伊豆ヶ岳付近から武川岳を望んで。

アップダウンの続く尾根道を踏み越えて

伊豆ヶ岳を過ぎて次に目指すのは旧正丸峠。

小さなアップダウンの連続で、体力がどんどん削られて歩くのが辛くなってきました。

伊豆ヶ岳で遭遇した大量の登山者もいつしか少なくなり、人の声すらしなくなり静寂に戻る森の中。川越山(766m)を越えると下り坂になって、やがて一軒の茶屋が建つ峠へ降り立ったここは正丸峠。お昼時もあってドライブ中の観光客やライダー、チャリダーさんたちが大勢休憩してました。

正丸峠を過ぎれば再び登り返し。小さな登り降りを何度も繰り返しながらサッキョ峠、虚空蔵峠、カバ岳(896m)を越えて、大野峠へ到着。もし時間と体力に余裕があればその先の丸山へ足を延ばしてみようと思ったけれど、さすがにここまで歩き通しで疲れたからここで下山します。

大野峠から赤谷集落へ降りる登山道へ入りスギの人工林が続く暗い森の中、1時間程かけて下ると茶畑広がる山間の小さな集落の赤谷へ降り立ちました。

赤谷集落を走る国道299号線を歩いていけば、終点の果樹公園あしがくぼへ到着。

今回歩いたコースは終始アップダウンの続く8時間ぶっ通しの登山で、ちょっとしんどかったけど新緑の秩父山地に触れられて満足山行でした。

奥武蔵二子山32 正丸峠に建つ一軒の峠の茶屋では多くのドライバーやライダーやチャリダーで賑わってました。

奥武蔵二子山33 アップダウンの続く尾根道をひたすら前進。

奥武蔵二子山34 時々森が切れると展望が利いて、目指す大野峠方面の山並みを望めました。

奥武蔵二子山35 イヌブナの巨木。

奥武蔵二子山36 大野峠手前にあるカバ岳(896m)を踏みました。

奥武蔵二子山37 どこまでも続くスギの人工林を歩き続けて。

奥武蔵二子山38 大野峠を越えても続くスギの人工林の斜面を下り続けると・・・。

奥武蔵二子山39 茶畑広がる赤谷集落へ降り立ちました。

奥武蔵二子山40 赤谷集落から国道299号線沿いを30分歩けば終点の道の駅・果樹公園あしがくぼ。

奥武蔵二子山41 夕方にも関わらず大勢の人と車でごった返していた果樹公園あしがくぼ。

武川岳&伊豆ヶ岳登山地図

道の駅隣に大きな駐車場あり

●コースタイム
8:00道の駅果樹公園あしがくぼ→9:00二子山→10:20武川岳→11:20山伏峠→11:50伊豆ヶ岳→12:30旧正丸峠→15:00大野峠→16:00道の駅果樹公園あしがくぼ(登山時間8時間)

関連記事

秋も終わりの奥武蔵・・・二子山・武川岳・伊豆ヶ岳の山旅(1)
2015年最後の登山は二子山~武川岳~伊豆ヶ岳へ秋探し。冬の装いへと変わっていく奥武蔵の山々に秋の彩りはまだ残っているのでしょうか??
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました