GN125Hで行くゴールデンウイーク白神山地登山&東北ツーリング(2)

6.盛岡市郊外の志波城古代公園へ

4月27日。寒さで目が冷めました。時計を見ると朝4時前。テントから外を眺めたら霞で白く濁ったような青空でした。天気予報では今日の岩手青森は晴れ。

でも朝はとても寒くて北国に居ることを肌で実感、ブルブル震えながらテントを畳んで出発の準備をします。

今日の目的地は秋田県の白神山地・ブナの森公園。残りあと200kmほどの距離までやってきました。

でも、道中二箇所(秋田岩手県境と、秋田阿仁森吉)険しい峠越えが待ち構えています。果たしてGN125Hで無事越えられるでしょうか?

午前5時に道の駅石鳥谷を出発して少し進んだ辺りで盛岡市入り。ここで国道4号線と分かれて県道36号線、13号線、16号線とショートカットして国道46号線を目指します。

県道16号線に入って少し進むと道路脇に何やら巨大な城壁みたいなものが見えてきたので、Uターンしてみると看板には『志波城古代公園』と書いてあります。聞いたことが無い史跡だったので寄り道してみることにしました。志波城、いったいどんな所なんでしょうか?

GN125Hツーリング8 出発の準備が完了しました。ツーリング2日目開始です。

GN125Hツーリング9 盛岡市内にある志波城古代公園へ立ち寄ってみました。

※志波城古代公園の記事と写真はこちら

岩手県盛岡市・春の志波城古代公園を散策してみた
志波城古代公園は平安時代の803年、坂上田村麻呂によって造営された古代城柵です。発掘調査の結果をもとに復元した建物や発掘品などを展示しています。

7.岩手秋田県境・仙岩峠越えはキツかった

志波城古代公園を後にして県道16号線から国道46号線『秋田街道』へ入ると、規格の良い道に変わって車がハイペースで流れていました。

長く緩やかな登り道が続くので、125ccのGNではややキツイ走行が続くけれどそれでも70km/hくらいならなんとか出ます。桜が咲き始めた辺りの景色を堪能しながら進んでいき、雫石町へ入る頃になると行く手に白くて巨大な山並みが眼前に迫ってきました。

屏風のように連なる名だたる奥羽山脈の峰々・・・今からこの山を125ccのバイクで越えていくのです。

道路はだんだん勾配を増していって、シフトチェンジの回数が頻繁になってきます。鋭い急勾配のコーナーに差し掛かると一気に速度が落ちて、その後速度を戻すのが苦しくなってきました。

後ろから車が追いついて来るとすぐに路肩に寄ってやり過ごしながら進みます。

辺りにブナの木々が出てくると道端や山肌に残雪が増えて寒くなってきました。電光掲示板の気温は8℃。

キツイ登りと寒さに我慢しながら、トンネルをなんどもくぐりながら仙岩峠にたどり着きようやく秋田県入りを果たしました。

GN125Hツーリング10 行く手に立ちはだかる白き奥羽山脈。これからあの山を越えていきます。

GN125Hツーリング11 岩手と秋田県境にまたがる仙岩峠。やっと秋田入りを果たしました。

8.まだまだ続く峠越え

仙岩峠を越えたらひたすら下り坂が続いて人家が見えてくると田沢湖町へやってきました。田沢湖町市街から田沢湖経由で国道105号線へ入り、ここから北秋田市(旧西木村、旧阿仁町、旧森吉町)といった深い山村を越えて行けば、白神山地はもうすぐ。

あと一息といった所だけど、先ほど通って来た仙岩峠よりも長くてキツイ山道が連続するし、雪も多くて寒いので体力的精神的にここが一番キツかったです。

北秋田市から大館市へ入ると田園広がる平野が広がってきたのでほっと一安心。遠くには雪を抱いた白神山地が見えてきたけど春霞がひどくてうっすらとしか見えないものの、目的地の白神山地を捉えた安堵感で思わず感極まってしまいました。前日の朝4時過ぎからほとんど走りっぱなしでやっとここまで来れたんだから・・・。

GN125Hツーリング12 田沢湖を経由して国道105号線へ。

GN125Hツーリング13 再び峠道を越えていきます。

9.白神山地の麓へ

大館市から国道7号線に入って藤里町、能代市を越えてブナの森公園のある八峰町(はっぽうちょう)へやってきました。この町は『ブナの森公園』の玄関口。町はずれの岩子集落へやって来ると目の前には白神山地南部の山『水沢山』『焼山』が眼前にそびえ立ってきました。水沢山のはずれにあるブナの森公園は広大なブナの天然林広がる美しい森。

早速このブナの森の中へ飛び込んで行きます!

GN125Hツーリング14 この日は春霞がひどくて視界があまりよくありませんが、遠くに白神山地が見えてきました。

GN125Hツーリング15 八峰町岩子集落から望む白神山地。左が水沢山(822m)、右が焼山(963m)。

GN125Hツーリング16 水沢ダムから望む水沢山。

※ブナの森公園登山日記はこちら

白神山地・ブナの森公園(水沢山ブナの森)目覚め始める白神の森へ!
2014年ゴールデンウィーク白神山地登山第一弾は秋田県八峰町にあるブナの森公園です。白神山地屈指の見応えあるブナ美林は長い冬から目覚めはじめようとしていました。

10.秋田県大館市・オートピクニック広場は快適なキャンプ場

ブナの森公園登山は無事終了。今日は大館市にあるキャンプ場『オートピクニック広場』でテント泊をします。

このキャンプ場は無料なのに(※2018年から有料(1620円!)になってしまいました。)、サイトは区画されていてオートバイの乗り入れが出来るし、そばに温泉(ユップラ)もあってとても利便性が良好です!食糧だけは近くに店がないので途中で調達しないといけなけれど素晴らしいキャンプ場です。

それに、今回目指す山『田代岳』の登山口もすぐ近くなので何かと便利。

夕方4時にオートピクニック広場へ到着した時には、多くのキャンパーやライダーがテントを張っていました。

風呂に入ってご飯を食べながら明日の秋田の天気を調べると『曇り後一時雨』。明日の田代岳登山はちょっと厳しそう・・・。

とりあえず明日朝もう一度天気予報を確認してそれから田代岳を登るかどうか考えよう。とにかく疲れたから早々に寝ることにしました。

GN125Hツーリング17 オートピクニック広場。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました