新緑と残雪が輝く白神山地・白神岳登山(1)

白神山地

4月29日午前4:10白神岳登山口。目が覚めてテントへ出ると天気は快晴。隣の車でパッキングをしていた年配の御夫婦さんが話しかけてきました。僕と同じく埼玉からやってきて真夜中にここに着いて車中泊してたそうなんだけど、爆睡してて全く気づかなかった・・・。

登山した日-2014.4.29

新緑と残雪の白神岳へ

凍える寒さに震えながら菓子パンをかじりつつ、テントを畳んでパッキングを済ませて午前5時過ぎに登山を開始。駐車場から少し登ると入山ポストが備え付けられた登山口へやってきました。

登山口へ一歩踏み込むと辺りは新緑のブナの森で、早朝で日が差してなくて薄暗いからあまり綺麗じゃありません。朝露が芽生えたばかりのブナの葉の上にしっとり水滴を浮かべ、その重みで枝がうなだれているから森全体がまだ眠っているように見えました。

登る途中で後ろを振り返ると、木々のスキマから日本海が見えました。海面は凪のように静かで時間が止まったような光景です。昨日は強風で海面が白く波立っていたというのに。

白神岳1 白神岳登山口の駐車場。

白神岳2 白神岳登山口の駐車場の少し先に登山口があります。入山ポストに記帳して登山開始。

アオモリヒバの薄暗い森の中を行く

ブナの森を過ぎると、針葉樹のアオモリヒバが森の主役になり辺りは一層薄暗くなりました。そんな森の中は鳥達があちこち鳴いていて、時々僕の足音に驚いて茂みの中でキーキーと金切り声を上げて鳴きます。近くで鳴くんだけど、姿を見せないから何の鳥か全然わかりません。

目指す白神岳は木々に包まれてまだ見ることができないものの、白神岳から延びる稜線の一部をかろうじて拝むことができました。

まだたっぷり雪を抱いた稜線は、紅色の朝日に照らされて紅白く輝いてそびえています。でも陽の当たらない谷筋はまだ真っ暗でその光の明暗の対比がとても荘厳に見えます。

踏みしめる登山道脇には、カタクリやスミレやシラネアオイの花が咲いていて心がちょっとだけ和みます。

登り始めてしばらくは緩やかな谷筋の道で、6時10分過ぎに『最後の水場』へ到着。ここから先の蟶山(まてやま)からは一転、急な登りになるからこの水場で一服してから次の登りに備えました。

白神岳3 暗い森の向こうに見える白神山地。

白神岳4 蟶山コース・二股コースの分岐点。今回は蟶山コースをチョイス。

白神岳5 最後の水場。此処から先は急坂が待ち構えているのでここでしっかり休息。

コースを外れながらも主稜線へ

『最後の水場』から先は暗い谷筋の中の急登で、加速度的に雪が増えてきます。この辺りは谷筋だから特に雪が詰まっているけど朝の冷え込みで締まっていたから足を取られることなく、軽やかにステップを踏んで前進することができました。

登山道上には数日前のものと思われる登山者の踏跡が残っていて、それをトレースするように登っていきます。

沢筋の急勾配の道を登り切ると幾分平坦になって、ブナの巨木が林立する原生林へ突入しました。地図を出して蟶山コースの登山道と今居る地形を確認するとどうもおかしい・・・コースと地形が合いません。

どうやら本来の蟶山コースからいつのまにか外れてしまったみたい。でも目の前には木々の間から白神岳が見えるほど視界も利いて今いる場所も判るし、この踏跡が蟶山~白神岳の主稜線へ通じているようなので、引き続きこの踏跡を頼りに歩いて行くことにしました。

谷筋から主稜線の急斜面に取り付くと、雪が溶けてササ藪が起き上がっている箇所があってそういう場所はササに身体を挟まれて身動きが取れず、通過するのに一苦労。時に足を滑らしたり、転倒しながらもササや木の枝につかまって必死に登っていくと尾根筋が間近に見えてきました。

『あの尾根のてっぺんまで行けば蟶山コース本来の道に戻れる!』

白神岳6 最後の水場から先の急坂を登り切ると辺りは深いブナの森。

白神岳7 ドコを見渡しても深いブナの森。

白神岳8 急斜面を登り切って蟶山~白神岳間の尾根へ到達。

白神岳9 尾根沿いに広がるブナの森。

白神岳10 雪とブナの広がる尾根をひたすら登っていきます。雪は固く締まっていて歩きやすいです。

朝日に輝くブナの森から絶景広がる森林限界へ

蟶山~白神岳間の尾根に立つと本来の蟶山コースへ戻りました。これでほっと一安心で何の迷いも無く前進できます。

ここまで来ると雪は50センチから1m50センチくらいあるものの、依然雪は程よく締まっていてアイゼンが無くても歩けました。

辺り一面は見事なブナ林。森を漂うクリアな空気と、朝日を反射する雪面のおかげで森の中が鏡のように眩しく輝いて素晴らしい景色だから気分がなんだか高揚してきました。

雪の斜面を登っていくとブナの森の様相は少しづつ変化していき、最初は大木が多かったものが高度を上げていくに連れて幹の太さはだんだん細くなり、樹高も低くなってきます。そして白い樹肌を見せるダケカンバの木が混じって来ると森林限界はもう間近。

ここまで来れば白神岳山頂は叫べば声が届きそうな程間近に迫っていました。

白神岳11 登り続けていると木々の向こうに白神岳本峰を捉えました。

白神岳12 ブナと白神山地。

白神岳13 高度を上げていくと景色も変化。

白神岳14 雲ひとつ無い好天。

白神岳15 標高1000m付近を過ぎると白い樹肌のダケカンバも出現してきます。

白神岳16 白神岳を目の前に捉えながらの登り。

白神岳17 ブナの森。

白神岳18 ブナの木々にまとわりつくツルアジサイ。

白神岳19 ブナに包まれた山肌。

白神岳20 間もなくブナの森を抜けて森林限界へ達します。

白神岳登山地図

【コースタイム】5:00白神岳登山口駐車場→8:35白神岳山頂→11:20白神岳登山口駐車場下山

白神山地関連記事

http://ryousen.main.jp/archives/7665


http://ryousen.main.jp/archives/5354

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました