新緑と残雪が輝く白神山地・白神岳登山(2)

白神山地

ブナの森を抜けると、急峻な雪面が行く手に待ち構えていました。ここで足を滑らせたらかなり下まで滑り落ちそうな傾斜なので、雪面にしっかり足を食い込ませて慎重に登っていくとササ藪広がる見晴らしの良い展望地に立ったのです。

登山した日-2014.4.29

森林限界を過ぎて白神岳主稜へ

ここは森林限界。僕の視界を遮る物は何ひとつありません。足元には蟶山(まてやま)まで続く白い尾根が続き、その向こうは青い日本海が地平線一杯に広がって実に爽快な景色!そして眼前には白神岳。いよいよ登山も大詰めを迎えてきました。

森林限界まで来れば白神岳の主稜はあとわずか。だけどココが本コースで一番キツイ難所です。ゼーゼー息を切らしながら雪の傾斜を登り切って主稜に達すると東側の展望が開けて、白神山地最高峰の向白神岳(1250m)が突然視界に飛び込んできました。

アルペン的な向白神岳の勇姿を背にして、なだらかな起伏の続く白神岳の主稜を歩いていきます。尾根から張り出した雪庇を踏み越え、ササやダケカンバの藪を右へ左へ避けながら、三角屋根の白神岳避難小屋とトイレの小屋の立つ丘に先に白神岳山頂がありました。

到着と同時に時計を見たら午前8時35分。太陽はすっかり昇って山頂は暖かい空気に包まれていました。

白神岳21 森林限界から望む白神岳。山頂は目と鼻の先です。

白神岳22 白神岳から延びる山裾はどこもまだ雪で真っ白。

白神岳23 西側は日本海が広がる景色が一面展開。写真右の尾根が蟶山(まてやま)。

白神岳24 蟶山をズームアップ。標高は841mあります。

白神岳25 北を向けば遠く舮作崎(へなしさき)を望める好展望。

白神岳26 森林限界から最後の斜面を登って白神岳主稜へ出ると東側の景色が開けました。

白神岳27 一際険しくそびえるのは白神山地最高峰の向白神岳(1250m)。

広大な白神山地

誰も居ない白神岳山頂からは快晴の下、360度の絶景を思いのままに堪能できました。今まで何回も白神山地へやってきたけれどこんなにクリアに白神山地全体を見渡せるなんて初めだったから気分が昂ぶってどうにも落ち着きません。

南側を望めば森吉山や岩手山、秋田駒ヶ岳、東には向白神岳の後ろに岩木山。さらに遠く八甲田連峰が見渡せます。こんなに山を望めるなんて本当にすばらしい快晴です。

もちろん白神山地も圧倒的な広大さで僕の周りに展開していて、白神岳の周りはみんな山・山・山・・・幾つもの山ひだが重なりあいながらどこまでも続いています。

山ばっかしの景色に飽きて西を向けば青い日本海。白神岳からの絶景に時間を忘れてしばらく見入ってしまいました。

白神岳28 白神岳主稜は台形状のなだらかな尾根道。向こうに白神岳山頂が見えてきました。

白神岳29 写真中央の三角の建物はトイレ。その右側が白神岳山頂。

白神岳30 白神岳山頂へ到着です!

白神岳31 広大な白神山地がどこまでも。

白神岳32 白神岳避難小屋と後ろに向白神岳。さらに後方に岩木山がそびえます。

白神岳33 遠く霞に浮かぶ八甲田連峰。

白神岳34 向白神岳の景色を堪能しながらしばし山頂で休憩しました。

帰路へ

山頂の傍らに立つ避難小屋のそばで、一人のおじさんが食事をしていました。

話をしてみると、日本百名山をはじめ、200名山、300名山を制覇中だとの事でしばらく話をしたあとそのおじさんは蟶山を目指すと言って先に山頂を後にしていきました。

その歩いている姿はとても年配の人とは思えない、のしのしと山慣れした歩き方であっという間に視界の点となってしまいます。

午前9時に白神岳山頂を後にします。帰る頃は気温の上昇で、雪はすっかり腐って足を取られやすくなっていました。それでも雪に嵌ること無く白神岳主稜を過ぎて蟶山方面の尾根を一気に下っていきます。

視界に映るのは絶えず『白い雪』と、『灰色のブナの木々』と『青い海』。これら3つの色をまとめて見るというのも今の時期の白神山地の魅力の一つかも。

ブナの森を過ぎ、蟶山下の『最後の水場』を越えてアオモリヒバが覆い茂るあたりまで下山するとカタクリ、シラネアオイ、エンレイソウその他もろもろの花が登山道を彩っていました。この景色は朝登る時にも見たけど、その時は暗かったから見栄えがしませんでした。

でも今はまぶしいほどに太陽の光が降り注いで『お花畑』らしい明るい景色へと様変わり。

アオモリヒバの森を抜けて登山口近くまで来ると、新緑のブナの木々に包まれて辺りが黄緑色に染まって綺麗。でも新緑に包まれたのは僅かな時間でほどなくして登山口へ降り立ちました。

駐車場へ下山したのは午前11時20分。肌がジリジリと焼けるような陽射しが降り注いでいて、白神の麓は初夏の陽気に包まれていました。

白神岳35 白神岳山頂を後にして帰路につきます。

白神岳37 山頂の建物がだんだん遠くなっていく。

白神岳36 山頂で出会ったおじさんはすっかり遠く先へ。

白神岳38 向白神岳と岩木山をズーム。

白神岳39 白神岳稜線漫歩。気分爽快!

白神岳40 日本海と舮作崎と風力発電群。

白神岳41 白神岳主稜を外れ、これから蟶山方面へ下ります。眼下には日本海が。

白神岳42 下山中に振り返れば白神岳。さようなら!また何時か来るよ。

白神岳43 白神山地の山々を眺めながらの下り。

白神岳44 残雪とブナの森。

白神岳45 ブナの森の向こうに見える麓。

白神岳46 ブナの森を抜けてアオモリヒバの森まで下山。そこでシラネアオイと出会いました。

白神岳47 登山口付近のブナの森。すっかり新緑色に染まってます。

白神岳48 白神岳登山口まで無事下山。

白神岳49 帰り際に林道から見上げた白神岳。ほんの数時間前はあのてっぺんに居たなんて実感が沸かないほど悠然とそびえていました。

白神岳登山地図

【コースタイム】5:00白神岳登山口駐車場→8:35白神岳山頂→11:20白神岳登山口駐車場下山

白神山地関連記事

http://ryousen.main.jp/archives/7665


http://ryousen.main.jp/archives/5354

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました