緑の回廊だった有間山稜&蕎麦粒山&仙元尾根(3)

奥武蔵周辺

有間山稜&蕎麦粒山&仙元尾根登山記第三弾です。コース最高点の蕎麦粒山を踏破して長大な仙元尾根に踏み込んでいきます。

登山した日-2014.5.11

防火帯広がる尾根の向こうへ

有間山稜を踏破して主稜線に出ると辺りの景色がガラリと変化します。

尾根に沿って続く登山道の両側を防火帯として樹木を伐採している為に、登山道の周りだけが芝生を敷いたような草原状で明るい景色になっています。

おまけに森の中に白い樹肌のダケカンバも混じって、”爽やかな高原の森”の雰囲気を醸し出してくれるから、爽快感もプラスされて歩いていてキモチいいんです。

そんな歩きやすい登山道だから、トレイルランニングをしている人が居て前方からどんどん人が走ってやってきます。

分岐点から程なくして桂谷ノ峰山頂に立ち、一旦下って急勾配の尾根を登り返すと蕎麦粒山の頂きに経ちました。標高は1473m。今日のコースでイチバン高いところです。展望は木々が多い為に360度望める!とはいかないものの、歩いて来た桂谷ノ峰方面や遠く関東平野を始め、南側には富士山も拝めました。

初夏の好日だというのに登山者も少なくて静かでまったりしたひとときが流れていました。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根41 有間山稜を登り切って蕎麦粒山の主稜線へ到着。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根42 防火帯の景色が蕎麦粒山まで続いています。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根43 何処までも続く防火帯。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根44 蕎麦粒山山頂は木々に包まれていました。展望はそれほど良くありませんが・・・。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根45 山頂東側は幾分見晴らしが利いて歩いて来た桂谷ノ峰、日向沢ノ峰方面を望めました。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根46 木々のスキマから富士山も。

静寂の仙元峠

蕎麦粒山山頂から仙元峠(1444m)へ向けて東に延びる尾根道へ進んで行くと、今まで続いていた防火帯は途切れて、荒れた森が広がってきました。そして人も殆ど見かけなくなって辺りは静かになります。

蕎麦粒山から15分程歩いて仙元峠の山頂に立ちました。ここから北に長大な仙元尾根が終点の浦山大日堂まで延びています。つまりこの尾根を下れば登山は終了。下り道とは言え長いコースなので、ここでしっかり休んで体力を回復させてから挑むことにします。

雑木林に囲まれ小ぢんまりとした山頂。枯木の根本に祀られた古い祠。僕の傍に一匹のタテハ蝶が羽を広げて休んでいて、僕が身体を動かせば驚いて飛んで逃げるけど、じっとしてるとまた僕の傍に寄って来て羽を休める・・・。

地べたに座ってそんな景色を何を考えずにぼーっと眺めていると、下の方から足音がしたのでその方向を見ると一人の男性が登ってきました。

色々話してみるとこの男性は『白岩』という所から道の無いルートを天目山まで登ってその日のうちに往復してる最中でした。

普段から山仲間と一緒に道の無い藪を掻き分けながら奥武蔵や奥多摩等の山々を歩いているそうで、見た目は70歳位の年配の方にも関わらず、話し方に活力とエネルギーが満ち溢れていてホントにお元気な方でした。世の中スゴイ人もいるもんです。この山域に詳しかったので色々な情報を教えてもらいました。

最後に『これから何処へ行くんですか?』って訊かれたので、

『仙元尾根を下って行きます。』と話したら、

男性は、『仙元尾根は人が少くて静かで楽しい山歩きが出来るから羨ましいです』と言ってくれました。

男性と分かれて僕はこれから仙元尾根を下っていきます。一体どんな尾根なのか?とても楽しみになってきました。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根47 仙元峠のピークには古い祠だけが建っていました。江戸時代には秩父や上州の人達がこの峠を越えて山梨へ向かっていた歴史ある峠だそうです。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根48 仙元峠を別角度から。祠の後ろには蕎麦粒山のシルエットがうっすらと木々に見え隠れしてました。

人の居ない静かな仙元尾根

仙元尾根に踏み込んだのは午後12時40分。降り始めるとブナの巨木があちこちに出現します。その中に立ち枯れたり朽ち果てた大木が横たわっていて、少し荒んだ雰囲気がします。

登山道は明瞭なものの、普段から登山者が大勢歩いているような感じでは無く、足跡も少ないです。

この辺りは標高が高い分まだ新緑じゃなかったので光が地面まで降り注いで森の中は明るく、陰鬱さを感じる事はありませんが高度を下げていくに連れて新緑に包まれて鬱蒼としてきました。

やがてジグザグに続く急勾配の道に差し掛かります。そして登山道は尾根を逸れて斜面に沿うようになり、と同時に広葉樹の森からスギ・ヒノキの薄暗い人工林へと景色は変化していきました。

スギヒノキの人工林を抜けると、再び尾根沿いの道になって新緑の広葉樹の森に出ますが、この頃になって僕は自分の今の居場所がわからなくなってしまいました。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根49 仙元尾根の新緑。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根50 境界見出標。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根51 ブナの若葉。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根52 仙元尾根から望む有間山稜のタタラノ頭。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根53 滝ノ入頭を望むと山肌の伐採跡がとっても痛々しかったです。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根54 緑が濃密で樹林も濃密。森に吸い込まれそう。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根55 うかうかしてると道を見失いそうな程濃密な樹林帯の中を下っていきます。

不明瞭な尾根道を越えて浦山大日堂へ

というのも登山道がいまいち不明瞭なのです。

標高1000mを切った辺りで巨大な鉄塔が見えてきました。鉄塔の周りは保守管理の為に草木が綺麗に刈り取られているものの足跡が無く、鉄塔を超えた先の登山道がなかなか見当たらないのです。

鉄塔をぐるりと廻って登山道らしき踏跡を見つけてしばらく歩くと2つ目の鉄塔が見えてきました。

ここも草木が刈り取られ整備されていて踏跡が見当たらず、おまけに登山道の看板も見当たらないから登山道の続きかどうかまったく判りません。

鉄塔の周りをウロウロして踏跡らしきものを見つけて前進します。たよりになるのは踏み跡と要所に結び付けられたピンク色のヒモだけ。

でもこの辺りあちこちに林業従事者がつけたと思われる林業用の印やヒモも有るので果たしてヒモを信用していいのかどうかわかりません。何度も地図・コンパスとにらめっこしながら不安なキモチを抱きつつ前進を続けるのでした。

広葉樹の森を過ぎると、再びスギの人工林の中に入りました。頼りなかった踏み跡もここまで来ると明瞭になり、登山道標識も出て来てほっと一安心。

谷筋の方から沢の流れる音がしてその方向を目を凝らして見ると、人家らしきものが見えてきました。ゴールはもうすぐ。でも最後に急斜面で足元が滑りやすい危険な下り坂が待ち構えていたから恐る恐る慎重に下ります。

小さなお寺が建つ『大日堂』へ降り立ち、橋を渡って県道73号線に出たら、浦山大日堂のバス停が見えて来ました。バス停には誰も居らず静かなままでした。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根56 目印の赤いヒモを頼りに深い森を進んでいきます。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根57 麓が近くなってくる辺りでスギ・ヒノキの人工林に突入。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根58 長い長い仙元尾根を下りきって登山口の大日堂へ下山。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根59 無事に浦山大日堂バス停の駐車場まで戻ってきました。

有間山稜・蕎麦粒山・仙元尾根登山地図

【コースタイム】7:15浦山大日堂→8:40鳥首峠→9:50有間山→11:30日向沢ノ峰手前→12:00蕎麦粒山→14:40浦山大日堂下山 計7時間25分

【浦山大日堂バス停の駐車場について】駐車スペースがありますが路線バスの停車場なので一部駐車禁止になっていて端っこに車2~3台分のスペースが残されている程度です。因みに少し先にある『浅見キャンプ場』の道路分岐付近にも車2~3台分の駐車スペースがあります。

関連記事

緑の回廊だった有間山稜&蕎麦粒山&仙元尾根(1)
今回は埼玉県秩父市の奥武蔵・有馬山稜と蕎麦粒山、仙元尾根の長大なコースを歩いて見ることにしました。この辺りに足を踏み入れるのは初めてなので、どんな自然や景色と出会えるのかとっても楽しみです!
緑の回廊だった有間山稜&蕎麦粒山&仙元尾根(2)
有間山稜&蕎麦粒山&仙元尾根登山記第二弾です。有間山稜の核心へ踏み込んでいくと、そこは新緑の回廊になっていました!
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました