谷川連峰・緑にむせる初夏の三国山~平標山~仙ノ倉山(2)

谷川連峰

平標山と仙ノ倉山の絶景と高山植物のお花畑に出会えた三国山~平標山~仙ノ倉山登山日記第二弾です!

登山した日-2014.6.15

三角山から平標山ノ家

三国山を離れ、何度も尾根を登り降りしていきながら、三角山最後の登りに取り掛かります。ササ藪とダケカンバの疎林に包まれた急勾配の尾根道を登り切ると小さな広場に出たここが三角山山頂でした。三角山は苗場スキー場の有る『浅貝』方面登山道との合流点にもなっていますが、この時間は誰も居ませんでした。

三角山から先の道は大源太山を巻くように緩やかに続いていて、一旦鬱蒼とした森の中へ入りんですぐに大源太山方面の分岐点に出ました。そのまま進んで行くと森から抜けて視界が晴れると同時に、平標山・仙ノ倉山が眼前に大きく目に飛び込んできました。

その突然の景色の変化にテンションが上ります!

平標山と仙ノ倉山、どちらも山肌に新緑と残雪のまだらの模様を見せていて、見ているだけで心が和む優しい山容をしています。

これも平標や仙ノ倉がなだらかな山容をしているからでしょう。もし谷川岳のようないかつい山だったら例え新緑と残雪の衣を纏っていたとしても心が和むようには見えないかも知れません・・・。

さて、ここからは常にこの心和む展望を真正面に見ながらの登山が続きました。歩いていて楽しいです。

平標山~大源太山間に建つ小さな山小屋『平標山ノ家』へたどり着いたのは午前9時前。ここは平標山メインコース『平元新道』の合流点なのでそこから登って来た登山者達で賑わっていました。

平標山~仙ノ倉山26 三角山最後の登り。

平標山~仙ノ倉山27 三角山頂上に立つと平標山・仙ノ倉山が大分間近になってきました。

平標山~仙ノ倉山28 平標山綺麗過ぎ。

平標山~仙ノ倉山29 大源太山の山裾の向こうに仙ノ倉山。まだまだ遠いです。

平標山~仙ノ倉山30 大源太山との分岐点。ここから15分程度で大源太山山頂に立てますが今回はスルー。

平標山~仙ノ倉山31 大源太山との分岐点を過ぎて森を抜けると展望が開けて眼前に平標山と仙ノ倉山の大パノラマが。

平標山~仙ノ倉山32 谷川岳方面は屏風のように険しい峰々が続いてました!中央の尖った山はエビス大黒ノ頭(1888m)。

平標山~仙ノ倉山33 大源太山のダケカンバ。

平標山~仙ノ倉山34 平標山、仙ノ倉山を常に眺めながら歩いていくから最高の気分です。

平標山~仙ノ倉山35 平標山ノ家と平標山。

草原に包まれた平標山

平標山ノ家を後にして、平標山最後の登りに取り付きます。

草原を突っ切って続く木道の先には平標山の頂きが間近に見えてもう目と鼻の先のように感じるけれど、いざ取り付いてみたら結構距離があって登れど山頂が近づいてくれません。

辺り一面広がるササの草原の間には、時々小さな湿原があってイワイチョウの葉が芽吹いていました。そしてアクセントとしてクリスマスツリーの姿をした針葉樹オオシラビソの疎林が点々とあって、オオシラビソの木のてっぺんではホシガラスがガーガー鳴いている。そんな景色の中を歩いていきます。

登り続けて高度を上げ、ササ原にハイマツやアズマシャクナゲの灌木が混じって来ると山頂はもうすぐ!

息を切らしながら最後の斜面を登り切ると広い山頂へ出ました。たどり着いた平標山山頂には360度の絶景が広がっていて、大勢の登山者たちがその展望を堪能して賑わっていました。

東側には、草原に包まれたなだらかな山並みの向こうに最後の目的地、仙ノ倉山が対峙しています。山頂でちょっとだけ一服して仙ノ倉山を一気に目指します。

平標山~仙ノ倉山36 平標山最後の登りへいざ出発。

平標山~仙ノ倉山37 ダケカンバの新緑とハイマツの濃い緑とササの絨毯。

平標山~仙ノ倉山38 高度を上げていくにつれて、仙ノ倉山の姿形が変化。

平標山~仙ノ倉山39 平標山までもう少しだけど疲労で息が切れる…ハアハア。

平標山~仙ノ倉山40 振り返ると平標山の家は彼方に赤い点でしかみえませんでした。

平標山~仙ノ倉山41 苗場山。いつか登ってみたいね。

平標山~仙ノ倉山42 平標山山頂へ到着。疲れ果ててしばらく動けませんでした。

平標山のお花畑

平標山山頂を後にして仙ノ倉山へ向かうとすぐにガレ場の下り坂になって平標山~仙ノ倉山間の鞍部へ降り立ちます。この付近は風の通り道なのか風衝地特有の荒涼とした草原が広がっていて、地面には白い花の絨毯が広がっていました。ハクサンイチゲの大群落です。どのハクサンイチゲもまだ芽吹いてそれほど時間が経ってないから株自体が小さい上に既に花を付けているので、盆栽のようにズングリムックリでまんまるとした出立ちをしています。

ハクサンイチゲの白い絨毯の中に時々、ハクサンコザクラのピンクやミヤマキンバイの黄色の花も添えられていて見事なお花畑です。あまりにも綺麗な景色だから、僕はここで足が止まってしまってしばらく花の写真を撮ったり眺め続けていました。

僕だけじゃなく他の登山者もみんな同じようにここで足を止めては花に見入っていたり、写真に夢中になっているようです。

時間が経つに連れて、平標山からやってくる人、仙ノ倉山から往復してきた人でお花畑は人混みで溢れかえってくるようになってきました。

人混みに弾かれるように僕はお花畑を後にします。

平標山~仙ノ倉山43 平標山を後にして仙ノ倉山へ。

平標山~仙ノ倉山44 平標山を下った鞍部周辺は一面のお花畑。綺麗すぎ。

平標山~仙ノ倉山45 お花畑の主役はハクサンイチゲ。

平標山~仙ノ倉山46 黄色いミヤマキンバイとピンクのハクサンコザクラもハクサンイチゲに負けず咲き誇っていました。

平標山~仙ノ倉山47 ハクサンイチゲと仙ノ倉山。

三国山&平標山&仙ノ倉山登山地図

【コースタイム】
4:55上越橋→5:30三国峠→6:10三国山→7:20三角山→8:10平標山ノ家→8:50平標山→9:30仙ノ倉山→10:30平標山→11:10平標山ノ家→12:00三角山→13:50三国峠→14:10上越橋

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました