谷川連峰・緑にむせる初夏の三国山~平標山~仙ノ倉山(3)

谷川連峰/赤城/武尊

美しい花々と絶景に巡り会えた三国山~平標山~仙ノ倉山登山日記最終章です!

登山した日-2014.6.15

草原と青空広がる仙ノ倉山

平標山~仙ノ倉山間は雲上の別天地が広がっていました。

なだらかな起伏の稜線は全て草原に包まれていて牧歌的。そして草原にはハクサンコザクラやハクサンイチゲの美しい高山植物が咲き乱れていたり、灌木に包まれているところはアズマシャクナゲの花が咲いている。まさに楽園とも言える風景が稜線一面に広がっていたのです。

しかも道中展望が素晴らしくて、振り返れば先ほど踏破した平標山が端正な三角形の山容でそびえ、バックに苗場山の白い頂が青空に遠く浮かんでいる。。。

うーん!見るもの全ての光景が最高です。最高すぎます!

幾つかの起伏を越えると、目指す仙ノ倉山の頂を間近に捉えました。仙ノ倉山も全山草原に包まれていて、遠くから見た以上に優しい山容をしていました。草原状の山肌には木道が敷かれていて最後にここを登っていきます。

仙ノ倉山最後の登りは、見た目に反して結構勾配があって息が切れます。でも見上げれば山頂に立つの人の声が聞こえて来る程近いから精神的には楽。だから疲れをガマンして一気に登り切ると、標識と方位盤が建つ大きな広場に出ました。

標高2026m、谷川連峰最高峰へ立ちました!

平標山~仙ノ倉山48 なだらかな起伏が続く仙ノ倉山の稜線。

平標山~仙ノ倉山49 平標山のバックには残雪を抱いた苗場山が悠然と立ってます。

平標山~仙ノ倉山50 仙ノ倉山本峰が奥に見えてきました。

平標山~仙ノ倉山51 仙ノ倉山を間近に。あの頂が谷川連峰の最高峰なんです。

平標山~仙ノ倉山52 仙ノ倉山最後の登りは木道の急な登り。あの向こうは山頂。

平標山~仙ノ倉山53 仙ノ倉山山頂へ到着。

平標山~仙ノ倉山54 広い空間の仙ノ倉山山頂では登山者たちが思い思いの時間をすごしてました。

好展望の仙ノ倉山

仙ノ倉山山頂には絶景が用意されていました。

西側はこれまで見てきた平標山・苗場山の景色はもちろん、大源太山、エビス大黒ノ頭を始め上越国境の山々を思いのままに眺めることができました。

何より嬉しかったのは、これまでの道程で見えなかった谷川岳~万太郎山といった仙ノ倉山東側の山並みを拝めたコト。峻険でカミソリの刃先のような頂が屏風のように連なっていて、仙ノ倉山や平標山のようななだらかで優しい雰囲気とは全く異なってるんです。

ひとしきり景色を見終わった後は地べたに座って食べ物と水を口にしながら、極上の一時を過ごしました。

平標山~仙ノ倉山55 仙ノ倉山山頂は360度の絶景。見渡す限り山・山・山。

平標山~仙ノ倉山56 山頂東側は万太郎山や谷川岳、茂倉岳といった谷川連峰の主峰群が屏風のように連なってます。

平標山~仙ノ倉山57 山頂西側は平標山と残雪の苗場山の展望。

平標山~仙ノ倉山58 右奥に見える尖った頂きはエビス大黒ノ頭(1888m)。

喧騒の平標山

充分山頂の展望を堪能したしそろそろ帰ろう。ということで、歩いて来た道を戻ることにしました。

草原の稜線を歩いてお花畑を越えて、平標山まで戻ると山頂は登山者で溢れ返っていてびっくり。上越国境のしかもそれほどアプローチが良いとは言えないこの山域にこれほどまで人が来るとは思って居なかったからです。

6月に入ってずっと雨だったから、その反動で一気に登山者が押し寄せたに違いありません。まあ僕のその一人にカウントされるんだけど。。。

喧騒の平標山を後にして、平標山ノ家までの木道の道を下っていきます。木道の段差に足取りが合わず、途中で膝を痛めてしまってからペースは大幅に乱れて平標山ノ家へ辿り着いた頃にはすっかり体力が消耗しきっていました。

でもこの先の三角山~三国山間にはキツイ登り返しの連続が待っています。足の痛みに耐えられるかちょっと不安な気持ちを覚えながらも前進します。

平標山~仙ノ倉山59 仙ノ倉山山頂から元来た道を戻っていきます。

平標山~仙ノ倉山60 花咲く広い草原。

平標山~仙ノ倉山61 アズマシャクナゲと平標山。

平標山~仙ノ倉山62 仙ノ倉山~平標山間のお花畑から平標山を望む。

平標山~仙ノ倉山63 平標山山頂まで戻ると登山者で一杯。

平標山~仙ノ倉山64 平標山から平標山ノ家へ向けて下山。向こうには大源太山。

平標山~仙ノ倉山65 仙ノ倉山を眺めながらの下り。

平標山~仙ノ倉山66 平標山ノ家の赤い建物が間近に見えてきました。

平標山~仙ノ倉山67 平標山ノ家へ到着。

熱気と湿気

時間の経過とともに太陽は高く上って陽射しが強烈になるも、太陽の辺りに常に雲がかかるようになったので強烈な陽射しから逃れることができました。

でも稜線上なのに風は無くて蒸し暑く、特に樹林帯の中に入るとモワッとした腐葉土臭と湿気を帯びた淀んだ空気を肌で感じるので、止めどなく汗が滴り落ちて大変。

そして汗の塩分を狙って僕の周りを無数のハエがたかるようになりました。ブヨと違って悪さはしないからマシなんだけど、時々目の中まで入って来ようとするからちょっとやっかい。特に三角山前後では何十匹ものハエに纏わり付かれてさながらホラー映画なみの恐ろしさです。

三角山へたどり着くと何人かの登山者が休んでいましたが、この人達にも沢山のハエがたかっていて悲鳴を上げていました。

三角山から南に続く尾根道の先に三国山がそびえ立ち、その間にいくつものアップダウンが待ち構えています。いよいよ最後の難所に挑戦です。

平標山~仙ノ倉山68 大源太山を真正面に捉えながらの蒸し暑い藪の稜線歩き。

平標山~仙ノ倉山69 藪の中に咲いていたヨツバシオガマ。

平標山~仙ノ倉山70 薄暗い樹林帯の地面にはマイズルソウが繁茂。

平標山~仙ノ倉山71 振り返れば平標山・仙ノ倉山・エビス大黒ノ頭の峰々が青空の下にそびえたっていました。大源太山を過ぎればこの景色とはお別れ。

平標山~仙ノ倉山72 藪に咲くムラサキヤシオツツジ。

平標山~仙ノ倉山73 三角山まで戻ってきました。狭い山頂は少しの登山者で一杯になってしまいます。

平標山~仙ノ倉山74 三角山から望む三国山。その間にはキツイアップダウンが待ち構えています。

初夏から夏へ

三角山からは一旦下り道。下りは体力的に大したことはないけど登り返しになるととたんに足取りが鈍くなって吐き気をもよおすくらいキツく感じられました。

登り返しを越えるとまた下りで、そしてまだ登り返し・・・。これを3回繰り返して三国山山頂直下までやってくると、平標山も仙ノ倉山も遥か遠くに離れていました。ほんの数時間前にあの頂に居たとは思えないほど遠くにです。そして三国山を越えるとこの景色は見えなくなるので、最後に充分目に焼き付けてから三国山を越えていきます。

三国山山頂を迂回するコースへ入り、10数分程で木道のある三国峠~三国山登山道へ合流。あとはこの木道を下っていけばいいだけ。

でも既に足や膝は疲労と痛みで悲鳴を上げていて、段差を降りるたびに来る痛みを堪えながら、おぼつかない足取りで三国峠の神社まで降りました。こんなに木道歩きがキツイなんて・・・。

三国峠から中部北陸自然歩道を三国トンネル方面へ向かうとすぐにブナやサワグルミなどの深い森に突入します。すると辺りはエゾゼミの大合唱。登りの時には鳥の声しかしなかったのに、今はセミの音。

そのセミの大合唱は三国トンネルまで降り立つまで続いていて、谷川連峰はすっかり夏の雰囲気に包まれていました。

平標山~仙ノ倉山75 戻るに連れて平標山、仙ノ倉山の頂きが大源太山に隠れて見えなくなっていく。

平標山~仙ノ倉山76 花を付ける新緑のミヤマナラと三国山。

平標山~仙ノ倉山77 キツイアップダウンを乗り越え、三国山を間近に捉えました。後もう一息!

平標山~仙ノ倉山78 三国山山頂をトラバースして三国山~三国峠の登山道まで戻りました。眼下には国道17号線が見えます。

平標山~仙ノ倉山79 ヤマツツジ咲く灌木帯の中、木道を下って三国峠へ。

平標山~仙ノ倉山80 三国峠から三国山を振り仰いでみました。

平標山~仙ノ倉山81 登山口まで下山。すぐ先には国道17号線と三国トンネルがあります。

三国山&平標山&仙ノ倉山登山地図

【コースタイム】
4:55上越橋→5:30三国峠→6:10三国山→7:20三角山→8:10平標山ノ家→8:50平標山→9:30仙ノ倉山→10:30平標山→11:10平標山ノ家→12:00三角山→13:50三国峠→14:10上越橋

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました