谷川岳&一ノ倉岳&茂倉岳~初夏の息吹(1)

谷川連峰/赤城/武尊

新緑と花が美しい5月に西黒尾根から谷川岳・一ノ倉岳・茂倉岳と縦走して茂倉新道を下って土樽駅まで歩いた登山日記です!

※この記事は全3ページあります。

登山した日-2015.5.22

土合駅から目指せ谷川岳

新緑時期の谷川岳がどんなものか知りたいな!そう思い立って5月の谷川岳へ早速行って見ることにしました。

でもただ谷川岳を登って降りるだけじゃ物足りないから、群馬側土合駅から登って、谷川岳~一ノ倉岳~茂倉岳と踏破して新潟側の土樽駅へ降りて電車でまた土合駅へ戻る。

というプランで行く事にします。

土樽駅の時刻表を見たら15:24発の次が18:09の最終列車。う~ん・・・電車の本数が少ないなぁ。18時の最終列車だとなんか遅いから、15:24発の電車に間に合うようにしよう。地図で土合から土樽までのコースタイムをざっと計算してみたら9時間もあります。休憩や予備タイムも含めたら12~3時間は費やしそう。これは早出必須です!

5月22日、朝4時の土合駅の空は白み始めてきました。空は薄曇りだけど空気はとても澄んでいて、土合駅の後ろにそびえ立つ白毛門の頂がよく見えます。

こんな時間だから誰も居ないけど、駅のそばを流れる湯桧曽川からの沢音が激しく音を立てていてひっそり感は全く無し。

土合駅にバイクを停めて登山準備をして、舗装路を20分程歩いて登山口へ向かいます。谷川岳登山指導センターの詰所で入山届を出して先にあるゲートを越え、ちょっと歩くと西黒尾根の登山道入り口が見えてきました。

顔をおもいきり上げないと登山道の先が見えない急坂がいきなり始まる西黒尾根。初っ端からキツイけど、道中どんな景色や自然と出会えるのか今からとてもワクワクしています!

谷川茂倉0 早朝4時の土合駅は白み始めたばかり。駅後ろには白毛門(1720m)がそびえたってました。

谷川茂倉1 登山指導センターで登山届を出して出発。建物前には美味しい湧き水が出てるので一服できます。

谷川茂倉2 登山指導センターそばのゲートを越えて西黒尾根へ。『危険!』『禁止!』の言葉が看板に氾濫しててちょっとドキッ。

谷川茂倉3 ゲートから5分程歩いて西黒尾根入り口到着。さあ登山開始です。

キツイ西黒尾根の急登

深い密林に包まれた西黒尾根へ一歩足を踏み込めば、胸を突くジグザグの急な登り。木の根っ子と大きな岩が露出してる箇所もあれば、雪解け水が染み出し登山者の往来でベチョベチョにぬかるんだ箇所もあったりと歩きにくい登りが続きます。

登り始めてまだ5分と経ってないのに、もう額からは汗がポタポタ・・・

ちょっと登ると鉄塔の土台部分に出ました。若干開けてたのでここで足を停めて水を口に含んで少し息を整え、再び深い森の中に突っ込んでいきます。

進んでいくと小さな残雪が行く手を阻みました。早朝で雪が締まってて足を蹴りこんでも刺さりません。表面はツルツル滑るから迂回して藪を掻き分けて越えた後は、しばらく残雪と遭遇することはありませんでした。

見える景色は密林と尾根道だけ。尾根の影に雪を残した谷川岳が僅かに見えるもののまだはっきりと望むことはできません。とにかく『登る』『前へ進む』。これだけを考えてひたすら登ります。

そうこうしているうちに太陽が高く昇って陽射しが差し込んできたました。けれど薄曇りのせいか光が弱くて、薄暗い森を明るく照らしてくれるほどではありません。鬱蒼とした雰囲気が漂ったままでした。

谷川茂倉4 西黒尾根の登り。

谷川茂倉5 登り始めは新緑の森が広がっています。

谷川茂倉6 木にまとわりつくツルアジサイも新緑。

谷川茂倉7 標高を上げていくにつれてだんだん道は険しくなります。そろそろしんどくなってきた。

眼前に捉えた谷川岳の険しい頂

前進を続けていると再び残雪が行く手を阻みます。序盤で遭遇したものよりも大きな残雪は登山道を完全に隠しています。蹴りこむと今度はうまく靴が雪に刺さるので雪の上を歩いて越えていき、再び急斜面のガレ場の直登を登り切ると展望の開けた小さな岩地へ出ました。

今日初めて遭遇した展望!閉塞感漂う樹林帯から開放されたからちょっと嬉しい気分。

すぐ正面には天神平スキー場が間近に見え、振り返ると深い谷底に流れる湯桧曽川を挟んで白毛門・笠ヶ岳・朝日岳が対峙して大きくそびえています。

さて、この展望地から先は森林限界になって常に見晴らしが利くようになります。でも、むき出しの岩場と鎖場の連続で気を抜けません。一つ目の鎖場を登ると谷川岳本峰が間近に現れました。

いかめしい岩の障壁に幾筋もの雪の山襞が刻み込まれた姿でそびえ立つ谷川岳に思わず感極まりそう。苦しい思いをしてここまで登ってきてよかったと納得できる景色です。

2つ目、3つ目と次々出現する鎖場を手足を使ってふんばって越えて行くと、ラクダの背(1516m)と呼ばれる西黒尾根上の小ピークに到達。そして下り道になってラクダのコルへ降り立ちました。

行く手正面には谷川岳最後の岩壁が立ちはだかっています。標高差400m、西黒尾根最後の試練を果たして乗り越えられるでしょうか・・・?

谷川茂倉8 標高1300m付近まで来ると残雪が出始めました。

谷川茂倉10 展望地を過ぎて、ひとつ目の鎖場を越えると目の前に谷川岳の迫力ある山容が姿を現しました。

谷川茂倉9 天神平方面の眺め。

谷川茂倉11 西黒尾根中間点、ラクダの背(1516m)に到着。谷川岳を間近に望めて展望良好。

谷川茂倉12 迫る谷川岳。

谷川茂倉13 白い樹肌のダケカンバ。

谷川茂倉14 ラクダのコルへ降り立ちました。ここは西黒尾根と厳剛新道の登山道合流地点でもあります。

殺風景な岩場は花の岩場

ラクダのコルを過ぎて登り道に差し掛かるとガレ場の急登。さっきまで立っていたラクダのコルは見る見るうちに真下へ遠ざかってしまう程、急勾配の苦しい登りが続きます。

木々や灌木はほとんど無くなり、辺りは鉛色の岩場と赤茶けた石や砂礫が広がる殺風景で荒涼とした風景ばかり。でもそこにちょっとした変化を見つけたのは間もなくのことでした。

岩場の隙間にふと目をやると小さな花が咲いてます。うぶ毛に包まれた白い星形の花はホソバヒナウスユキソウ(エーデルワイスの仲間)でした。

よく見ると岩場のあちこちに咲いています!それらに混じってピンクのユキワリソウや黄色いナエバキスミレなど小さな花が咲いています。まだ残雪残る5月の山なのに、色とりどりの花々のサプライズ的出会いに嬉しくて体力が少し回復。

もうひとつ嬉しい事が!!

薄曇りだった空が真っ青な空に変わって晴れ渡ったのです。俄然テンションが上がってきました!

谷川茂倉15 ガレ場と岩場が続くキツイ登り。

谷川茂倉16 振り返れば残雪の谷川連峰が展開。写真右側の山塊は朝日岳(1945m)。

谷川茂倉17 登山道脇に咲くショウジョウバカマ。

谷川茂倉18 ハクサンイチゲ。

谷川茂倉19 エーデルワイスの仲間、ホソバヒナウスユキソウ。

谷川茂倉20 岩の間からユキワリソウがこんにちわ。

谷川茂倉21 ユキワリソウ。残雪残る山にいち早く雪を割って咲く花。名前の由来はそんな感じなんだろうか?

谷川茂倉22 西黒尾根を大分登りつめました。でも谷川岳山頂は近いようでなかなか手に届かない。もどかしい。

谷川茂倉23 西黒尾根から望む天神尾根。残雪と新緑のコントラストが綺麗。

谷川茂倉24 朝日に照らされた新緑の西黒尾根。右側の最高点がラクダの背。

谷川岳&一ノ倉岳&茂倉岳登山地図

【コースタイム】

4:30土合駅→5:00西黒尾根入り口→7:10ラクダの背→8:45谷川岳トマの耳→10:20一ノ倉岳→10:40茂倉岳→12:40矢場ノ頭→14:50土樽駅

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました