奥秩父・真夏の木賊山&甲武信ヶ岳&雁坂嶺縦走記(2)

奥秩父

登山した日-2015.7.14-15

長くて苦しい戸渡尾根を登り切って辿り着いた木賊山と甲武信ヶ岳。真夏の木賊山&甲武信ヶ岳&雁坂嶺縦走記第二弾です。

長かった戸渡尾根を登り切って木賊山山頂へ

依然として続く眺望のない戸渡尾根の登りで考えることはただひとつ

『木賊山(とくさやま)山頂はまだかなぁ・・・』

登り続けていると前方の登山道の勾配が緩やかになり丘みたくなっています。もしかして山頂到着!?と力を振り絞って登り切ったら、またその先には急峻な登道が続いていて気分がガックシ・・・。ひたすらコレを繰り返し。

今度は前方が明るくなってきました。期待に胸を込めて向かうと白い砂地と岩が横たわる展望の開けた崩落地に出くわしました。久々に訪れた景色の変化にちょっとだけ嬉しさが込み上げるものの、雲に包まれて何も見えず。多分間近に木賊山が見えるんだろうなぁと想像して先へ進みます。

崩落地を過ぎると、急だった勾配も落ち着いて標識が見えてきました。木賊山と破風山を結ぶ主稜線尾根へ到達でこれで戸渡尾根を登り切った事になります。時計を見ると14:15でここまで要した時間は約6時間。本当に長くて辛かった・・・。

木賊山山頂はここから緩やかな道を10分程歩いてたどり着きました。

木賊山山頂は平坦で広い丘の上の頂きといった感じ。鬱蒼とした密林に覆われて展望はゼロ。麓の西沢渓谷から見た木賊山は堂々としたボリュームのある山容をしていたのに、山頂に立つと視界ゼロのせいでそのボリュームさを感じることは出来ません。

木賊山まで来れば今日の宿泊地・甲武信小屋はあと10分ほど。もう一息です!

甲武信ヶ岳木賊山夏21 戸渡尾根を大分登り詰めたけど相変わらず森が広がって視界は利かず。

甲武信ヶ岳木賊山夏20 突然森が開けて崩落地に出くわしました。木々が無いから展望が開けてるものの雲やガスで何も見えず。向こう見える山が木賊山なのかな?

甲武信ヶ岳木賊山夏22 深くて豊かな森が続く戸渡尾根。

甲武信ヶ岳木賊山夏23 戸渡尾根を登り始めて5時間以上・・・やっと木賊山~破風山の主稜線へ合流。もう疲れてヘロヘロ。

甲武信ヶ岳木賊山夏24 木賊山最後の登りは、合流点から平坦な尾根道を10分程歩きます。辺りはシャクナゲと針葉樹の深い森。

甲武信ヶ岳木賊山夏25 木賊山山頂は深い森に包まれて展望はゼロ。

居心地良好!甲武信小屋

木賊山山頂を後にして下ると、サラサラした滑りやすい砂地が広がる崩落地に出ました。開けているから展望が利くけど相変わらず雲とガスの世界。天気が良かったら真正面に甲武信ヶ岳がピラミダルな姿で間近に見えるはずなのに・・・天気に見放されっぱなしでちょっと悔しいな。

再び下り始めて甲武信小屋が近づいたあたりまでくると雲が切れて甲武信ヶ岳を初めて拝めました。そして同時に甲武信小屋へ到着します。

小屋でテント設営の受付を済まして小屋下のテントサイトでテントを設営して、見晴らしの良いテラスでご飯を食べながらまったり過ごす至福の一時は格別です。

甲武信小屋は外観といい中の造りといい昔ながらの素朴な雰囲気が溢れ出るこれぞザ・山小屋って感じの居心地良さそうな小屋です。甲武信小屋の素朴な雰囲気さもさることながら、小屋周辺の自然の雰囲気もなかなか良く、深い針葉樹の森にさえずる小鳥たちの声の多さに心癒やされます。

・・・あっでも、ブヨとハエがすごく多くてちょっと大変だけどそれらも自然の一部だし良しとしましょう。

ご飯もたべて身体が大分落ち着いた夕方4時。日暮れまでまだ時間があるから甲武信ヶ岳山頂へ行ってみることにしました。小屋から見える甲武信ヶ岳は雲はかかっていないからきっと見晴らしはイイはず。

小屋から歩いて15分程だからすぐです。

甲武信ヶ岳木賊山夏26 木賊山山頂から甲武信小屋へ少し下った所で見晴らしの利く崩落地に出ました。雲が無ければ正面に甲武信ヶ岳のピラミダルな頂きを見ることが出来るけど何も見えず。

甲武信ヶ岳木賊山夏27 木賊山を下り甲武信小屋へ近づいたあたりでガスが晴れて甲武信ヶ岳の山容を初めて望むことができました。

甲武信ヶ岳木賊山夏28 木賊山山頂を10分ほど下って甲武信小屋へ到着。今日はここでテント泊です。小屋の後ろには甲武信ヶ岳の山頂が見えますね、あとで登ってみよう。

甲武信ヶ岳木賊山夏29 甲武信小屋は昔ながらの山小屋って感じでいい雰囲気です。

甲武信ヶ岳木賊山夏30 甲武信小屋の中も山小屋らしくていい雰囲気。

甲武信ヶ岳木賊山夏31 甲武信小屋外のテラスの下がテントサイト。

甲武信ヶ岳の絶頂で

甲武信ヶ岳は密林の海の中からギリギリ頂が突き出た。という感じで360度の絶景では無いものの、西側斜面が開けていて金峰山方面を一望することが出来ました。

でもその肝心の金峰山方面はガスで何も見えず。北側には三宝山(2483m)がのっぺりとしたなだらかな山容で全山密林に覆われて横たわっています。

西側の雲の切れ間からは八ヶ岳、さらに遥か彼方に北アルプスの峰々が黒いシルエットで見えるけど西日が眩しくて詳しい頂までは判別出来ませんでした。

今日は群馬の館林や福島で39度の猛烈な暑さだったみたいだけど、2500m近いここでは暑さは関係無しで涼しい風が吹き付けてきます。

時が経つに連れて金峰山方面を覆っていた雲がどんどん風に流されて、金峰山方面の頂きも見えるようになってきました。今日はもう展望にめぐまれないのかと半ば諦め気味だったけど、やっと天は僕に味方してくれたようです。

甲武信ヶ岳山頂に立って改めて思ったのは、『奥秩父は本当に森が深い』こと。見渡す山々はどれも麓から山頂まで濃密な森に覆われています。今日の戸渡尾根の登りだって99.9%森に包まれてたし、まさに森の山といってもいいかもしれませんね。

甲武信ヶ岳木賊山夏33 甲武信小屋から15分ほどで甲武信ヶ岳山頂に立ちました。

甲武信ヶ岳木賊山夏32 甲武信ヶ岳山頂を別角度から。山頂東側は木々に覆われているけど、西側はガレ場になっていて展望が開けています。

甲武信ヶ岳木賊山夏34 甲武信ヶ岳北側には三宝山(2483m)がのっぺりそびえたつ。ちなみに三宝山は埼玉県の最高峰。

甲武信ヶ岳木賊山夏37 国師岳、金峰山方面はガスで見えません。

甲武信ヶ岳木賊山夏38 ガス沸く甲武信ヶ岳~ミズシ(水師)間の稜線。

甲武信ヶ岳木賊山夏39 しばらく経つとガスが晴れて国師岳、金峰山方面が見えてきました。写真左が国師岳(2592m)、中央奥が金峰山(2599m)。

甲武信ヶ岳木賊山夏40 ハイマツと木賊山。

甲武信ヶ岳木賊山夏35 暮れなずむ空の向こうには夕日に染まる夏雲。甲武信小屋テラスから。

甲武信ヶ岳木賊山夏36 陽が落ちて甲武信小屋にランプが灯りました。長く辛かった登山の一日目が終了です。

縦走2日目の朝

翌7月15日。

昨日20時に寝てからずっと変な夢を見続けてふと目が覚めると午前1:00。そのあと全く眠れないのでもう起きることにしました。ラジオをつけてバーナーで湯を沸かしてご飯を作りながらテントの外へ出ると星空は見えません。でも曇ってるのか晴れてるのかよくわかりません。

今日は台風の影響で 晴れのち曇りで夕方以降は雨の予報だから天気が気になります。

午前4時になるとテラスから雲海と白み始めた空を望む事が出来ました。空は水平線に向かって暗青色からオレンジ色、紅色のグラデーションに染まっていて、時間の経過と共に明るさを増してきます。

小屋の宿泊者たちも外に出て、日の出の瞬間を待ち構えています。

午前4:35。鉛色の雲海の中から真っ赤な太陽が浮かび上がり、その瞬間ありとあらゆるものが太陽光線に照らされて紅色に輝きました。宿泊者たちは(僕を含めて)みんなカメラに夢中状態です。

日の出も見れたし、天気も晴れだし幸先の良いスタートです。今日は破風山~雁坂嶺~雁坂峠と歩く長いコースだから、このままずっと良いコトが続いて欲しいですね。

テントを畳んでパッキングを済ませて午前4:50に甲武信小屋を後にしました。最初に目指すは西破風山(2317m)です!

甲武信ヶ岳木賊山夏41 午前4時。甲武信小屋のテラスから望む東の空は白み始めてきました。

甲武信ヶ岳木賊山夏42 日の出の瞬間です。この瞬間は何度見ても見飽きませんね。

甲武信ヶ岳木賊山夏43 甲武信小屋に朝日が降り注ぎます。

甲武信ヶ岳木賊山夏44 朝焼けで真っ赤に染まる甲武信小屋。

甲武信ヶ岳木賊山夏45 甲武信小屋を後にして破風山を目指します。

甲武信ヶ岳・木賊山・雁坂嶺登山地図

【コースタイム】

(1日目)8:40西沢渓谷駐車場→9:00徳ちゃん新道入口→11:20近丸新道合流点→14:30木賊山→14:50甲武信小屋

(2日目)4:50甲武信小屋→6:10破風山避難小屋→7:10西破風山→9:00雁坂嶺→9:40雁坂峠→12:10ナメラ沢入口→13:30西沢渓谷駐車場

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました