初秋漂う鳥海山・矢島口 祓川コース【前編】

鳥海朝日/和賀山塊

登山した日-2015.8.10

8月!待ち遠しかったお盆連休が到来しました。
バイクに登山道具を載っけて一路北を目指して走り続けます。
目指すは秋田山形の秀峰『鳥海山』。

今回は鳥海山北側の矢島口・祓川コースから康新道を経て山頂を目指します。

この記事は全2ページあります。

今回歩いた鳥海山・矢島口(祓川)コースと時間

【コースタイム】4:40祓川駐車場→5:40康新道分岐→8:30七高山→9:00新山→12:40祓川駐車場下山 (計8時間)






1.祓川キャンプ場を目指して

朝6時前に自宅のある埼玉を出発して、新潟経由で下道をひたすら走り続け
夕方6時に鳥海山の麓・秋田県にかほ市へやってきました。

間近にそびえたつ鳥海山は雲がかかり姿が見えませんでした。
ちなみに今日の目的地の祓川キャンプ場は鳥海山の中腹、あの雲の中にあります。

鳥海山矢島口 祓川1

ブナの深い森の中、カーブが連続する山道を登り続けます。
祓川キャンプ場まではあと少し。今日は疲れたから早く横になりたいな。
キャンプ場はまだかなぁ?

鳥海山矢島口 祓川2

夕焼けに染まってきたブナの森。

鳥海山矢島口 祓川3

やがて森を抜けると、夕日に染まった鳥海山が突然眼の前に現れました。
今日は雲で見えないものだと諦めていたから、
このサプライズ的な演出にハイテンション。

鳥海山矢島口 祓川4

祓川キャンプ場へ到着したのは夜7時前。なんとか暗くなるギリギリに到着しました。

そして真夜中。トイレに行きたくて外に出ると、満天の星空が鳥海山の空一面に広がっていました。

鳥海山矢島口 祓川5

2.矢島口(祓川)コースへ

翌日。
鳥海山上空は薄曇りで、まあま天気が良さそうな感じだけど・・・。

鳥海山矢島口 祓川6

矢島口(祓川)登山口のある駐車場は、キャンプ場から少し上がった所にありました。
駐車場は広くてトイレや水場があります。

鳥海山矢島口 祓川7

ここが登山道入り口。それでは出発しましょう!

鳥海山矢島口 祓川8

登山道へ入ってすぐの所に『祓川ヒュッテ』の小屋がありました。
この小屋は素泊まりしか出来ないけど鳥海山を一望出来るし、竜ヶ原湿原のそばだから
とても景色が良い小屋です。

ここで登山届を書きます。

鳥海山矢島口 祓川9

広大な竜ヶ原湿原を突き進んで。開放感があって気持ちいいね。

鳥海山矢島口 祓川10

2.雪渓・草原地帯を越えていく

竜ヶ原湿原を過ぎると、見晴らしの利かない灌木帯の中をしばらく登っていきます。

カラダはもう汗でびしょ濡れ。暑さと強烈な湿気でそよ風すらない無風状態。
おまけにブヨの群れにまとわりつかれます。

やがて雪渓が見えてきました。まだそれほど標高の高い所じゃないのに雪渓があるなんて。
鳥海山の雪深さを思い知らされます。

鳥海山矢島口 祓川11

気温は高いのに雪面は固く締まっていて、蹴りこんでも足が刺さりません。
だから蹴るのを諦めて、忍び足で雪面をゆっくり歩いて雪渓を登るとまた雪渓が現れます。

鳥海山矢島口 祓川12

草原だったり雪渓だったりとめまぐるしく景色が変化。

鳥海山矢島口 祓川13

石の塔が建つ『康(やす)ケルン』へ到着しました。近くには避難小屋もあります。

鳥海山矢島口 祓川14

康ケルンからさらに10分程進むと『康新道分岐』へ到着。ここで登山道は二手に分かれます。
そのまま窪地上を直進していくか?右に逸れて尾根道の康新道を歩くか?

尾根道の方が風がありそうだし、見晴らしも良さそうだから康新道へ進んでみましょう。

鳥海山矢島口 祓川15

3.草原が一面に広がる康新道

康新道へ踏み込むと、登山道は草に覆われて歩きにくくなりました

10分程草をかき分け続けると見晴らしが一気に開けて、草原が広がる尾根に立ちました。

鳥海山矢島口 祓川16

その草原が、麓から眼前にそびえ立つ鳥海山山頂まで広く覆っています。
そこかしこにお花畑が点在していて、とても日本とは思えない不思議な光景です。

鳥海山矢島口 祓川17

草原に咲くハクサンシャジン。山々に初秋を告げる花です。

鳥海山矢島口 祓川18

本来ならこんな素晴らしい展望の中に身を置くと絶対楽しいはずなのに、僕はなんだか気分が憂鬱。

ここまでの登りで顔面ブヨに噛まれまくってるし、朝露たっぷりの草の中を歩いたせいで上半身から靴の中まで
全身びしょびしょ。。。

鳥海山矢島口 祓川19

康新道のお花畑と鳥海山。お花畑はピークを過ぎて全体的に色あせていました。

鳥海山矢島口 祓川20

遮るものは何も無いのに風は無く、濡れた身体や衣服はなかなか乾いてくれません。
依然ブヨがまとわりついています。

鳥海山矢島口 祓川21

あの鳥海山のてっぺんに立てば風も吹いて服が乾くかもしれない、
ブヨも居なくなるかもしれない。
でも頂までの道のりはまだ遠く険しいです。

鳥海山矢島口 祓川22

過去の鳥海山登山記事

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました