初秋漂う鳥海山・矢島口 祓川コース【後編】

鳥海朝日/和賀山塊

登山した日-2015.8.10

前編はコチラ→初秋漂う鳥海山・矢島口 祓川コース【前編】

5.雲に包まれて

康新道を半分程登った所から望んだ鳥海山。

鳥海山矢島口 祓川23

山頂をズームアップしてみました。
左側が七高山(2230m)で右奥が最高峰の新山(2236m)。

鳥海山矢島口 祓川24

新山は巨大な溶岩ドーム状のピークで、
1800年の噴火の時に出来たそうです。

鳥海山矢島口 祓川25

振り返ると本荘平野と日本海が眼下に。
ココまで来ると風がほんのちょっぴり吹き始めたし、
登山口からずっとまとわり付いていたブヨも居なくなって
初めて登山が”快適”と感じるようになりました。

鳥海山矢島口 祓川26

康新道の登りも終盤に差し掛かり、急傾斜のキツイ登りが連続します。
時々綺麗なお花畑と出くわすのに、しんどくて眺める余裕がありません。

鳥海山矢島口 祓川27

登山中なんとか持っていた空模様も、怪しくなってきました。
麓から湧き出した雲はどんどん僕の所まで上がってきて、遂には辺り覆うようになりました。
せっかく山頂に近づいたのに、これじゃあ展望が見られないよ・・・。

鳥海山矢島口 祓川28

6.霧の七高山山頂

七高山外輪山の縁が頭上に見えてきました。
そして登山道は祓川コースの登山道と合流して最後の登りに差し掛かります。
滑りやすいガレた斜面をゆっくりと登ります。

鳥海山矢島口 祓川29

向こうに七高山山頂が見えてきました。キツかった康新道の登りがもうじき終わります!

鳥海山矢島口 祓川30

七高山のてっぺんに到着したけど、ガスに包まれて何も見えません・・・。

晴れていれば真正面に新山の巨大な溶岩ドームを拝めるのに残念。
晴れないか待ってみても、天気が良くなりそうな気配な無さそうなので、
諦めて新山山頂へ向かいます。

鳥海山矢島口 祓川31

七高山から火口淵を歩いていきます。

鳥海山矢島口 祓川32

7.鳥海山の最高点・新山

七高山の火口壁をいったん下って火口底に降り立ち、新山を登り返します。
ガスが無かったら溶岩ドーム状の新山がすぐ正面に見えるんだけど、やっぱり何も見えず。

鳥海山矢島口 祓川33

と思いきや新山に取り付いた途端、突然ガスが晴れました。
正面に新山の山頂が見える!今のうちに山頂に立とう!
鉛色の大きな岩が累々と積み重なった岩場を急ぎ足で駆け上がります。

鳥海山矢島口 祓川34

七高山もガスの中に見え隠れ。

鳥海山矢島口 祓川35

絶壁の中央に小さく人が立っているのが見えました。
あそこが鳥海山の最高点、新山です。
もう少しで到着です、あと一息!

鳥海山矢島口 祓川36

新山山頂に立ちました。山頂はとても狭くて10人くらいでいっぱいっぱい。

鳥海山矢島口 祓川37

期待した展望は、雲が多くて外輪山の七高山を見渡すのが精一杯。
本来見えるだろう日本海や庄内平野など下界の風景は拝むことが出来ませんでした。

鳥海山矢島口 祓川38

8.祓川下山

山頂はとても狭いのに、登山者が続々とやって来るから山頂は常に人で混雑状態。
だから山頂に長居出来る雰囲気じゃありませんでした。

新山から100mほど真下に、鳥海山大物忌神社と広場があるのでそこまで下り、
ここでしばらく休んでから元来た祓川コースの道を戻る事にしました。

鳥海山矢島口 祓川39

鳥海山大物忌神社から見上げた新山。

鳥海山矢島口 祓川40

鳥海山大物忌神社の中を抜けて元来た道をもどります。

鳥海山矢島口 祓川41

七高山の火口壁の登り返し。結構キツイ。

鳥海山矢島口 祓川42

七高山よさようなら!また何時の日かお会いしましょう。

鳥海山矢島口 祓川43

七高山山頂から祓川コースを一直線に下っていきます。周りは草付きの急斜面で滑りやすいです。

鳥海山矢島口 祓川44

やがて沢沿いの窪んだ地形の中へ踏み込んでいきます。
あちこちに岩が転がる歩くにくい道で、足や膝が痛いです。。。

鳥海山矢島口 祓川45

康新道との合流点まで下ってきました。

鳥海山矢島口 祓川46

雪渓の冷気が湯気となって漂う不思議な光景。

鳥海山矢島口 祓川47

草原からいじけたミヤマナラやブナの灌木地帯に変わって間もなくすると、
眼下に竜ヶ原湿原と祓川ヒュッテの建物が見えてきました。

鳥海山矢島口 祓川48

最後は竜ヶ原湿原を歩いて無事登山終了。

祓川の駐車場まで戻ると、鳥海山は完全に雲に包まれて何も見えませんでした。

鳥海山矢島口 祓川49

鳥海山関連記事

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました