秋本番の金峰山~紅葉に彩られた岩稜へ!(後編)

中部の山

砂払いの頭を越えていよいよ金峰山の核心へ!素晴らしい紅葉と展望に出会えた金峰山登山日記後編です。

登山した日-2015.9.30

険しい岩稜を越えて

砂払の頭(2317m)のピークから先は森林限界で、景色を遮るものが無いから金峰山の頂を常に眼前に捉えながら登っていきます。

今まで僕の頭上を枝葉で覆って展望を隠し続けていたシラビソやコメツガの樹木は、森林限界では盆栽のように小さくねじ曲り展望を邪魔をする存在では無くなります。さらに登り続けてハイマツも混じってくると、日本アルプスの高山地帯らしい荒涼とした世界へ様変わりです。

登山道東側は大絶壁になっていて、恐る恐る覗き込むと身震いしそうな程の高度感。崖下に広がる森は紅葉で見事に染まっていて暗い岩場の風景を明るくしていました。

砂払いの頭の次にそびえ立つ千代の吹上(2497m)を踏破して山頂直下の五丈石の傍らまでやってくると膨大な山容だった金峰山は岩を従えただけの単なる丘にしか見えませんでした。

金峰山秋24 ボリューム感一杯の金峰山を眼前に捉えながら稜線歩き。本コースで一番楽しく感じる時です。

金峰山秋25 山肌はダケカンバやナナカマドの紅葉が一面広がっていて思わず歓喜!感涙!。

金峰山秋26 砂払いの頭を下ると次なるピーク・千代の吹上(2497m)の登りが行く手を阻みます。ここは一気に登り切ろう!。

金峰山秋28 千代の吹上山頂。

金峰山秋29 千代の吹上を登れば金峰山の山頂ははもう間近!

金峰山秋30 千代の吹上、砂払いの頭・・・踏破してきた刃の稜線を振り返ってみる。

金峰山秋31 金峰山山頂直下に鎮座する五丈石。麓から仰いでも遠く八ヶ岳から望んでも石の存在がわかる金峰山のシンボル。

金峰山山頂からの絶景

五丈石が鎮座する平坦な肩から、累々と積み重なった巨石と巨石の間を飛び石伝い登っていき標高2599mの金峰山山頂へ立ったのは朝の9:30。

澄み渡った秋空の下、見渡す限り広がる奥秩父の膨大な山並みはそのほとんどが黒々とした針葉樹に覆われているものの、山頂部や稜線では赤や黄色の紅葉がまだら模様に点在していて秋の奥秩父の景色をハッキリ見ることができました。

南アルプス・北アルプス・富士山など奥秩父を取り巻く名だたる山々の展望の良さも相変わらずで全ての山を一望!って感じで山頂に立った達成感は一際格別でした。

いつまでも眺め続けていたい・・・でも残念なことに山頂は風が強いしすごく寒い。手がかじかむほどで長居出来できそうもないから山頂での滞在は程々にして下山することにしました。

金峰山秋33 標高2599m、金峰山のてっぺん!

金峰山秋34 山頂から南を向けば五丈石と富士山の光景が大展開。

金峰山秋35 富士山をちょっとズームアップ。いつ何処から見ても富士山は優美な山容をしていますね。今までこの手の景色を何度も見てきたけど全然見飽きません。

金峰山秋36 山頂から西を向けば八ヶ岳連峰が屏風のように連なっています。

金峰山秋37 東側の光景。金峰山から連なる朝日岳、国師岳、北奥千丈岳といった奥秩父の主峰群が膨大な山容となって遠くまで続いています。

金峰山秋38 その山々の連なりは紅葉にに染まってすっかり秋の雰囲気。

金峰山小屋~千代の吹上間の斜面に広がる紅葉の森

帰りは金峰山小屋へ寄り道して、そこから千代の吹上へトラバースするコースを通って見ることにしました。

金峰山山頂から北側斜面に延びる登山道へ向かい、ゴロゴロした岩のガレ場を10分程下って金峰山小屋へ降り立って、ここから千代の吹上の稜線まで横一直線に延びるトラバース道へ足を踏み入れます。

ここから眺める金峰山~千代の吹上~砂払いの頭の光景は、芝生のように広がるハイマツと針葉樹の黒々とした森、そして点在する紅葉との色の組み合わせが絶妙な程に素晴らしくて最高の気分!

その紅葉に染まった森の中をトラバース道が走っているから、きっと間近で紅葉を拝めるに違いない!

そう思っていざトラバース道へ足を踏み入れてみると辺りは鬱蒼とした木々ばかりで、思いの外紅葉した木々を間近に見ることができません。

それでも何本か間近で出会ったダケカンバの木は青空をバックに黄金色に輝いていました。

15分程でトラバース道を渡り切って千代の吹上~砂払いの頭の岩稜へ合流。あとは登りで歩いたコースを下ります。

金峰山秋39 金峰山山頂を離れて北側斜面に建つ金峰山小屋へ降りていきます。向こうには小川山堂々とした山容で間近にそびえ立っています。

金峰山秋40 金峰山小屋は樹林帯と森林限界のちょうど境目に建っていました。

金峰山秋41 金峰山小屋と千代の吹上を結ぶトラバース道をこれから歩いていきます。

金峰山秋42 トラバース道から望んだ千代の吹上~砂払いの頭の稜線。青空と緑のコントラストがキレイすぎ。

金峰山秋43 針葉樹の緑色とダケカンバの黄色とナナカマドの赤色が見せる最高の景色。これからあの森の中へ突入です!

金峰山秋44 外から見たら紅葉が凄いのに、いざ中へ入ってみると薄暗いし針葉樹ばっかり。色づいた木々は何処にあるの?

金峰山秋45 やっと色づいたダケカンバを間近に見ることができました。

金峰山秋46 トラバースし終わって千代の吹上の稜線まで戻って、歩いて来た金峰山小屋方面を振り返ってみました。

金峰山秋47 鮮やかに色づいたダケカンバ。

金峰山秋48 険しい稜線を砂払の頭へ向けて下山していきます。

金峰山秋49 地面の草花もしっかり紅葉。こちらはゴゼンタチバナ。

金峰山秋50 岩場にへばり付いていたクロマメノキも真っ赤っか。

金峰山秋51 さようなら金峰山!本当に素晴らしい紅葉でした!

下山のひととき

岩稜をあっと言う間に下って砂払いの頭まで戻ると午前中の登りで見た爽快な展望はもうそこには無く、ここから望む南アルプスや甲府盆地、富士山の景色は霞んでしまった空間の中にぼやけて見えるだけでした。

砂払いの頭を後にすると金峰山の頂は山影に隠れて見えなくなり、程なくして鬱蒼とした樹林帯へ入っていくと展望自体が無くなって単調な森歩きがひたすら続きます。

その間に登って来る登山者と沢山すれ違い、そしてその中のさらに何人かとすれ違いざまに言葉を交わしました。

疲れきってゼイゼイ息が切れてる登山者から

『金峰山まであとどのくらいですか?』

と時間的なことを聞かれると結構答え辛いから、ちょっとオブラートに包んだ感じで『さぁ・・・あと30分か1時間くらいかな。でもあともう一息ですよ!』って答えて、

『紅葉がすんごく綺麗だから頑張ってください!』

って付け加えるとみんな苦悶の表情が和らいで先を目指していきました。

金峰山秋52 どこまでも続く深い針葉樹の森。

金峰山秋53 大日岩の分岐点へ到着。ここから大日山荘・富士見平小屋方面へ向かって急斜面を下ります。

金峰山秋54 大日岩を見上げて。

金峰山秋55 大日岩から眺めた景色。展望を望めるのはここで最後。思い切り目に焼き付けてからここを後にしました。

金峰山秋56 大日山荘付近の森も秋色模様。右奥には先ほど居た大日岩が見えます。

金峰山を見上げて

登りの時は時間の経過がすごく長く感じたのに、下りだとあっという間。

砂払いの頭から長い樹林帯の尾根道を下り続けて大日岩へ到着。さらに歩いて大日小屋を経て富士見平小屋へ到着した時は午後12:00過ぎでした。

さて、当初は金峰山登山ついでに瑞牆山も登ろうかと思っていたけど、富士見平小屋からの往復は約4時間。

今日中に自宅まで5時間の道のりをバイクで走る事を考えると無理してまで瑞牆山に登らなくてもいいか・・・。まあ山は逃げるわけじゃないし、またいつか行ける時に行こう。そうと決まれば一気に登山口の瑞牆山荘へ向けて下山します。

そして無事に下山して荷物をバイクにくくりつけて駐車場を後にしました。

瑞牆山荘を少し下ったところにある金山平にバイクを停めて、最後にもう一度金峰山を望んでみました。

赤や黄色に染まる金峰山の頂きを目を凝らして眺めた時、ほんの数時間前あのまっただ中に居たんだよなーって実感が湧かない程、山頂の紅葉ははるか遠くに離れてしまっていました。

金峰山秋57 大日小屋を過ぎて飯盛山を巻いていくと辺りは深いシラビソ・コメツガの森の中。

金峰山秋58 秋だからキノコもあちこちに生えているけど、何のキノコか全然わからないや。食べられるのかな?やっぱ毒があるのかな?

金峰山秋59 早朝薄暗かったシラビソ・コメツガの森も、日が高くなるとそれほど陰鬱さを感じなくなりました。

金峰山秋60 富士見平小屋へ到着。あと30分ほど下れば登山口。もう一息!

金峰山秋61 無事下山できました。お疲れ様!

金峰山秋62 帰り際、金山平から望んだ金峰山。さっきまであの頂きのてっぺんに居たなんて実感できないほど遠くにそびえていました。

金峰山登山地図

【コースタイム】

●登り 6:10瑞牆山荘→6:50富士見平小屋→7:30大日小屋→8:40砂払の頭→9:30金峰山
●下り 9:40金峰山→9:50金峰山小屋→10:30砂払の頭→11:40大日小屋→12:10富士見平小屋→12:50瑞牆山荘

金峰山関連記事

奥秩父・金峰山~シャクナゲの道を踏み越えて【前編】
6月のはじめに梅雨入りした関東甲信地方は毎日ぐずついた天気が続いていたけれど、週末は高気圧が張り出して晴れそうな予感。この時期の山々はどんな景色なんだろう!と思って真っ先に頭の中に浮かんだ奥秩父の金峰山を登山してみる事にします。 登山した日-2016.6.11 梅雨の中休みの金峰...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました