谷川連峰・稲包山~紅葉に包まれた秋の森を歩く【後編】

谷川連峰/赤城/武尊

登山した日-2015.10.18

360度の大絶景が広がる稲包山(いなつつみやま・1598m)、長大で歩き甲斐のあるキワノ平ノ頭(1511m)、歴史ロマン溢れる三国峠と三国路自然歩道・・・。見事な紅葉に包まれながら稲包山の魅力を堪能した登山日記後編です。

大展望広がる稲包山山頂

赤沢峠~稲包山間は緩やかな起伏の尾根道が続きます。迫る稲包山は相変わらず槍の穂先を天に向けているけれど、近づくに連れて鋭さは和らいで山頂に広がる草原やそこに立つ登山者の姿をハッキリ見ることが出来ました。

尾根道へ出てから1時間、稲包山直下までやってきた僕はいよいよ槍の穂先へ取り付きます。少し藪めいた森の中の急登で息が切れる登りだけどそう長くは続かず、ササ原に出ると道は途切れて眼前に青空が広がってきます。

『あの青空の先は山頂なんだ。もうひと踏ん張りだ。』力を振り絞って駆け上がると広々とした稲包山山頂へ立ちました。

山頂からの展望は山の連なりが見渡す限り広がっていて、どの山も緑や赤や黄色のグラデーションに染まっていました。その絶景を目の当たりにした時、感動と疲労でしばらく放心状態だったのは言うまでもありません。

山頂には男性が一人居るだけで静かだった稲包山。ここで過ごした僅かな一時は本当に気持ちいいものでした。

秋、紅葉の稲包山18 ピラミダルな稲包山。

秋、紅葉の稲包山19 稲包山山頂は遮るものが無く360度の大絶景。

秋、紅葉の稲包山20 稲包山から望んだ上ノ倉山方面の山並みは、重厚感溢れていて見応え十分。

秋、紅葉の稲包山21 稲包山からキワノ平ノ頭まで続く緩やかな尾根とその先に連なる谷川連峰。

秋、紅葉の稲包山22 白い噴煙を吹き上げたばかりの浅間山も遠く望めました。

秋、紅葉の稲包山23 歩いて来た赤沢峠方面の尾根道を振り返ってみる。

『キワノ平ノ頭』へのツラい尾根歩き

稲包山へはたどり着いたものの、今回歩く予定のコースのまだ半分も歩いていません。次なる目的地『三国峠』までは『キワノ平ノ頭(1511m)』を始め幾つもの小ピークを越えていかなくてはなりません。稲包山山頂からそれらの道筋を眺めると、草原に包まれた起伏のゆるやかな尾根道に見えるから楽に越えられるんじゃないかって思えてしまいます。

でもいざ踏み込んでみるとアップダウンが続く道で、稲包山までの登りですでに疲労がかさんでいたから余計にツラく感じます。

でも尾根道だから見晴らしが良く、終始開放的な気分で歩き続ける事ができます。これが無かったら精神的にもやられて僕は途中でダウンしていたかもしれません。ふと後ろを振り返ると稲包山は丸みを帯びた瘤となって笹ヤブの向こうにそびえていました。

ダラダラした尾根を下り切れば、登り返しになって息を切らしながら登り切ると平坦な尾根道へ出ました。そして少し進むと『キワノ平ノ頭』と書かれた道標が出現しました。

『えっ?ここがキワノ平ノ頭?』

何の前触れもなく突然山頂へ辿り着いたからなんだか意表を突かれた気分。もし道標が無かったら山頂に気づかず素通りしていただろうキワノ平ノ頭の山頂はなだらかな尾根の一部分のような感じでした。

キワノ平ノ頭を過ぎると、再びダラダラした下りが続きます。

秋、紅葉の稲包山24 キワノ平ノ頭まで続く尾根道の向こうには谷川連峰の仙ノ倉山や平標山が見えます。

秋、紅葉の稲包山25 振り返って望んだ稲包山。今度は新緑の時に登ってみたいな。

秋、紅葉の稲包山26 尾根筋から望む上ノ倉山方面の山並み。

秋、紅葉の稲包山27 山肌は紅葉一色。

秋、紅葉の稲包山28 稲包山を下り切ってキワノ平ノ頭への登り返しにこれから挑みます。

秋、紅葉の稲包山29 すぐ向こうに見えて来たキワノ平ノ頭。遠くにそびえるのは平標山(左)と仙ノ倉山(右)。

秋、紅葉の稲包山30 キワノ平ノ頭は標識が建っているだけのシンプルな頂き。

三国峠へ

『キワノ平ノ頭』から先の下りもササや灌木が広がる尾根歩き。日差しはすっかり高くなって干し草のような香りを含んだ乾いた風が稜線を吹き抜けていきます。下りだから惰性でぼーっとしながら歩いてると一人の男性が登って来ました。早足で僕とすれ違い、あっと言う間にキワノ平ノ頭を越えて稜線の影に隠れて見えなくなります。

『そういえば・・・今日ここまで歩いて出会った人って稲包山山頂で一人とさっきの人合わせて2人だけか。日曜のこんな絶好の登山日和なのにほんと人が居ないなぁ。』

まさかここまで人と出会わないとは思いもしませんでした。

尾根を下り続けて鞍部に着くと、その先は『長倉山(1439m)』のキツイ登り返しが待ち構えていました。標高差は100m程だけど勾配がキツすぎて意外と手こずります。『数歩登って息が苦しくて足を止めまた数歩登って・・・』これを繰り返しながら長倉山山頂へ着くと今度は三国峠への急な下り。眼下には三国峠と峠に建つ三国神社が見えているからあと少しなんだけど、下りも滑りやすい急坂だからスピードが上がりません。

やっとの事で三国峠へ降り立ち、ここで休むことにしました。神社の前は小さな広場になっていてベンチも置いてあるから休憩にはもってこい。他に登山者が2~3人居るだけで静けさに包まれていたものの、程なくして三国山方面から高齢者の登山グループが十数人ほど降りて来ると賑やかになりました。

長かった登山もいよいよ終盤、これから三国路自然歩道を通って戊辰の役古戦場跡経由で法師温泉まで下山していきます。

秋、紅葉の稲包山31 キワノ平ノ頭から左に三国山を望む。三国山と左の鉄塔の間の凹んだところが三国峠です。

秋、紅葉の稲包山32 キワノ平ノ頭を見上げて。

秋、紅葉の稲包山33 ミヤマナラの黄葉と稲包山。

秋、紅葉の稲包山34 ここから長倉山への登り返し。もう体力消耗しまくってるから登りを見ただけで意気消沈。

秋、紅葉の稲包山35 長倉山の登り途中で見た稲包山(左)とキワノ平ノ頭(右)の山並み。随分歩いてきたんだなぁ。

秋、紅葉の稲包山36 長倉山山頂は藪に包まれて展望は良くありませんでした。

秋、紅葉の稲包山37 長倉山山頂を離れると眼下に国道17号線三国街道の道路と、これから歩く三国路自然歩道の平坦な尾根が見えてきました。

秋、紅葉の稲包山38 三国峠から見上げた三国山は丸っこいたおやかな山容です。

歴史を感じる三国路自然歩道(旧三国街道)

三国路自然歩道へ入ると、今まで歩いて来た道とは雰囲気がガラリと変わって道幅の広い平坦な道へと変わります。

辺りに広がるブナの森は今が紅葉のピーク。午後の日差しを受けて黄金色に輝くから直視すると眩しくて目がチカチカしそうな勢い。相変わらず人は皆無だからこの美しい紅葉の森を独り占めです。

時折歩道脇にお地蔵さんや石碑が建っています。また少し進むと今度は幾つものお墓が現れます。傍らの看板には『長岡藩士なだれ遭難の墓』と掲げられていて

元文五年 1740年 二月五日長岡藩士永井磯七ほか7名、外人足4名が長岡藩内の犯人を、江戸で捕えて唐丸カゴに入れて護送中表層なだれに遭い藩士全員死亡。犯人と人足はなだれに巻き込まれず、助かった。

また少し歩くと今度は『三坂の茶屋跡』が見えてきました。建物は無く敷地跡とお墓・石碑が残されているだけ。ここにも看板で説明書きがあり、この自然歩道は『旧三国街道』として江戸と越後を結ぶ交易路として利用されていたそうです。今は単なる自然歩道だけど、ホンの百数十年前はここを大名行列が通ったり、サムライや馬を連れた行商などが往来していたと思うとなんだか不思議な気分です。こんな山深いブナの密林の中を人が往来していたんだから。

当時の歴史を偲びながら、紅葉美しい夢のような森での一時を1時間程堪能すると『大般若塚』供養塔の建つ戊辰の役古戦場へ到着しました。大般若塚供養塔はこの辺りに出没した妖怪を鎮めるために建てられた石塔で、石の表面には難解な漢文がびっしり彫り込まれていました。

秋、紅葉の稲包山39 お地蔵さんが静かに佇む秋の三国路自然歩道。

秋、紅葉の稲包山40 黄金色に輝くブナの森。三国路自然歩道では見事な紅葉の森が延々と続いていました。

秋、紅葉の稲包山41 長岡藩士なだれ遭難の墓。

秋、紅葉の稲包山42 何処までも続く紅葉の森をひたすら歩いて。

秋、紅葉の稲包山43 紅葉の森を見上げて。

秋、紅葉の稲包山44 戊辰の役古戦場に建つ大般若塚供養塔。

秋、紅葉の稲包山45 戊辰の役古戦場は猿ヶ京温泉・永井宿・法師温泉への分岐点。ここから法師温泉へ下山します。

法師温泉へ下山

戊辰の役古戦場から西に向かって伸びる下山路を下ると、紅葉の森に人工林が混じってすっかり見応えが無くなってしまいました。下の方から国道17号線を走るトラックや車のエンジン音が大きく響いて来ると突然森が切れて国道17号線へ降り立ちます。

車に轢かれないように横断してさらに続く下山道を下って行くと、木々の隙間に建物が見えてきて法師温泉へ降り立ちました。いかにも山奥の秘湯らしい素朴な佇まいの法師温泉は日帰り入浴も出来るから、温泉目当ての車がひっきりなしに行き交う道路脇を歩き続けて、登山口まで戻ってきました。

その瞬間疲れがどっと出て思わず地面にへたり込み・・・。時計を見たら14:30。8時間以上も歩き続けた今回の山旅は、紅葉をはじめ谷川連峰の大展望や歴史遺構と見るべきもの・感じるものが沢山有り過ぎて、足腰だけじゃなくて目も脳みそも体中のあらゆるものが疲れ果ててしまいました。(終わり)

秋、紅葉の稲包山46 法師温泉へ向けて下山中。

秋、紅葉の稲包山47 木々の向こうに見えて来た法師温泉。

秋、紅葉の稲包山48 ひなびた趣の法師温泉。

秋、紅葉の稲包山49 赤沢スキー場まで無事たどり着きました。遠くには三国山が相変わらずたおやかな姿でそびえていました。

稲包山登山地図

【コースタイム】

●6:00赤沢スキー場→8:10赤沢峠手前→9:40稲包山→11:10キワノ平ノ頭→12:25三国峠→13:30戊辰の役古戦場→14:05法師温泉→14:30赤沢スキー場

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました