秋も終わりの奥武蔵・・・二子山・武川岳・伊豆ヶ岳の山旅(1)

奥武蔵周辺

登山した日-2015.11.16

2015年最後の登山は二子山~武川岳~伊豆ヶ岳へ秋探し。冬の装いへと変わっていく奥武蔵の山々に秋の彩りはまだ残っているのでしょうか??

芦ヶ久保駅から目指す二子山

埼玉県横瀬町にある西武秩父線・芦ヶ久保駅へやってきました。前日の雨もすっかり止んで、雲一つない澄み渡った秋空に釣られてか、駅に隣接する『道の駅あしがくぼ』には朝早くからツーリングやドライブに出かけるバイクや車がひっきりなしにやって来て早朝から随分賑やかです。

その道の駅のはずれにある無料の『第二駐車場』へバイクを停めた僕は、ここから二子山~武川岳~伊豆ヶ岳~正丸駅を歩いて行きます。

線路の下を貫く暗くて狭いトンネル抜けると見えてきた登り道。薄暗いスギ林とわずかに交じる広葉樹の中を登って行くと、さっきまで居た芦ヶ久保駅はすっかり足元遥か下。それでも行き交う車のエンジン音や道の駅を闊歩する人々の声は耳に障るほど響いてきます。

斜面を巻くと登山道は暗い沢沿いを登って行くようになり、小石がゴロゴロする少し歩きにくい道を、時々小石に蹴躓いたりスリップしたりしながらグングンと登っていきます。

沢筋の中は、かすかな腐葉土臭と湿気を帯びた空気に満ちていて、暖かくぬるっとした感触がする空気感。11月だというのにまるで梅雨時期に山を登ってるみたい。登り始めてそれほど時間が経ってないのに蒸し暑いから身体から汗が滲み出てきました。

ひたすら登り続けて沢筋の道を過ぎると今度は雑木林やスギの人工林が交じるやや急な斜面が続いて、ここも登り切って明るい尾根へ出ると前方の木々の間から二子山のまん丸いシルエットが見えてきました。

二子山の登りに取り付くと、見た目とは裏腹に急峻で悪戦苦闘。足元から下は斜面が切れ落ちて背筋がゾクッとするほどの高度感を味わう登り。当然足を滑らせたらタダでは済みません。登山道に沿って張られたロープを手探りに、足元を確かめながら踏ん張って登っていきます。

この急斜面を登り切ると小さなピークへ到着。一瞬二子山山頂へ到着したのかと思ったけどここは単なる分岐点。二子山山頂はもう少し先で、再び下って登り返して二子山山頂へ到着です。

山頂は西側が少し開けて展望が利くものの全体的にスギ林に覆われているから、ちょっと薄暗くて山頂の爽快さを味わうことが出来ません。でも山頂から焼山方面へわずかに下った所になかなか見晴らしがいい広場があってそこからは武甲山と秩父盆地の広がりを眺める事が出来ました。

登山口は芦ヶ久保駅と第二駐車場の間にあります。ここからスタート!

落ち葉を踏みしめて。

暗い谷間に朝日が差し込んでくると、わずかに残った紅葉の木々が明るく輝き始めました。

二子山の急登。写真以上に勾配が急なので登るのに手こずります

急登を登り切って分岐点へ到着。一瞬ここが二子山山頂かと思ったけど、山頂はもう少し先

二子山山頂直下の展望地から望んだ武甲山と秩父盆地。そして右側奥に両神山。

気持の良い焼山山頂と蔦岩山

二子山を後にすると、一旦大きく下ってその後は小さな登り降りがダラダラ続く尾根歩き。身体の負担がそれほど無いから、紅葉の森を眺める余裕ができる!とちょっと期待したけど、現れるのは葉を散らした木々ばかり。色づいた葉をわずかに残すカエデやナラが残ってはいるけれど、僕の心を打つほどの美しさはもうありません。

それでも眼下に見える尾根筋は赤や黄色に色づいてる所もあるから、この先綺麗な紅葉に出会えるかも・・・それを期待するしかありません!

二子山~蔦岩山(つたいわやま)のちょうど中間点にある焼山(850m)に立つと、そこは大きく展望が開けてススキや灌木に包まれた風通しの良い開放感いっぱいの場所でした。当然見晴らしも二子山より良く、眼前には武甲山の荒々しい頂をはじめ、大持山・小持山の重厚な連なりや、秩父盆地の広がりと両神山。さらには遠く谷川連峰までも望めることができたのです。

焼山を離れるとまた下り道でやがて林道へ降り立ち、この林道を過ぎると蔦岩山の急な登りに差し掛かります。二子山の急登程ではないものの、落ち葉が登山道に体積して滑りやすい道。これを登り切った先に蔦岩山山頂がありました。

蔦岩山は小さな看板が置いてあるだけのとてもシンプルな頂で、山頂からははじめて武川岳の山容を望むことができました。蔦岩山から続くなだらかな尾根の先に大きく横たわっている武川岳。今回歩くコースでもっとも高い山だけど、ここから見えるどの山よりもなだらかで優しい山容をしているのは結構意外な感じです。

二子山を過ぎると。緩やかな起伏が続く雑木林の中の尾根歩き。紅葉はほとんど終わった感じでちょっと残念。

振り返ると二子山。

見晴らし抜群の焼山山頂は、武甲山を間近に眺められる最高の展望地!

右が武甲山、左が大持山・小持山の山稜。

武甲山の向こうに台形をした両神山の頂が見えます!

蔦岩山山頂は小さな標識があるだけで、山頂にありがちな大きな道標や広場やベンチも何もないシンプルな頂でいい雰囲気

蔦岩山よりはじめて望んだ武川岳の頂はかなり平坦に見えます。

蔦岩山より望んだ関東平野の街並み。方角的には川越市や狭山市あたりになるんだけど、一体どこの街だろう?

落ち葉に包まれた明るい尾根道を歩きながら武川岳を目指していきます!

二子山・武川岳・伊豆ヶ岳地図

【コースタイム】

●8:30芦ヶ久保駅→9:50二子山→10:25焼山→11:10蔦岩山→11:30武川岳→12:30山伏峠→13:10伊豆ヶ岳→13:50旧正丸峠→14:40正丸駅

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました