奥秩父・盛夏の乾徳山へ

中部の山

7月末。一年で最も暑い時期に奥秩父の乾徳山(2031m)を歩いてみました。

登山した日-2016.7.30

夏真っ盛りの乾徳山

乾徳山の登山拠点、山梨県山梨市の徳和集落へ朝の7時に到着すると、辺りの森はエゾゼミの大合唱に包まれていて、ジーンと耳をつんざく音が鼓膜に響くから頭がクラクラしそう。肌に感じる空気はムッとした感触で、空を見上げると真っ青で緑濃い山々が広がる景色!

あぁ~っ、夏だ。夏山の雰囲気だ!そしてこれからこの中へ踏み込んで行くんだ!って思うと嬉しい気持ちを抑えずにはいられません。手早く登山の支度を終えて駐車場から小石の多い林道を十数分ほど歩いていくと乾徳山の登山口が見えてきました。登山道の奥は薄暗いスギの人工林になっていて薄暗いけど、ギラつく夏の日差しをしっかりシャットアウトしてくれるから、今回はありがたい存在です。

今回の乾徳山登山ではどんな自然と巡り会えるのでしょうか?

乾徳山夏1 国道140号線から見上げた乾徳山。

乾徳山夏2 駐車場へ到着。さあ出発しよう。

乾徳山夏3 駐車場から林道を歩いてまず登山口へ。

乾徳山夏4 乾徳山登山口。ここは標高988mです。

蒸し暑い樹林帯の中を歩く

登山道は陰鬱な沢筋に沿って続きます。森の中は無風で湿気が溜まっているから蒸し器の中で蒸されてるような感覚で序盤から汗びっしょり。登り始めてしばらくすると『銀晶水』と呼ばれる水場にたどり着いて、たらふく水を飲むと火照った身体が随分楽になりました。

銀晶水を過ぎると登山道は沢筋を離れて、カラマツやアカマツが混じった木漏れ日の差す緩やかな登りになり、湿気は幾分無くなったもののやっぱり暑くて死にそう。

五月蝿かったエゾゼミの声はここにはほとんど無く、時折登山者が鳴らす熊鈴の音が聞こえる以外は静かな森歩きがしばらく続きました。

ひたすら登り続けて2つ目の水場『錦晶水』へ到着して、ここでもまた腹いっぱい水を飲んで先へ進むと、傾斜が緩んで美しいカラマツ林が広がる『国師ヶ原』の高原へ辿り着きました。やがて森が開けて目の前に尖った頂きの乾徳山南面が見えてくると歓喜のあまり思わず声を上げてしまいました。

乾徳山夏5 登り始めから薄暗いスギの人工林の中。

乾徳山夏6 ひたすら前進。

乾徳山夏7 錦晶水の水場。ここを越えると勾配は平坦になって間もなく国師ヶ原の高原へ到着です。

牧歌的な景色の国師ヶ原と扇平

白い雲に青い空。瑞々しい緑に包まれたシラカバやミズナラ、カラマツの森と草原。そんな国師ヶ原はまさに雲上の別天地!

その国師ヶ原から見上げた乾徳山は全山鬱蒼とした森に包まれ、山頂から東側に垂れ下がった肩の部分に目をやると緑の絨毯が広がっているのが見え、そこは『扇平』と呼ばれる草原地帯です。

その扇平は真夏の日差しを受けて一際エメラルドグリーン色に光り輝いています。さあ今度はあの扇平を目指そうか。

国師ヶ原から疎林の中を進んでいくと登山道は再び傾斜を強めてキツイ登りになり、樹林帯を抜けて緑の草原が広がる扇平の末端まで登って来ると、ギラついた日差しに晒され咽るような草の匂いに包まれました。国師ヶ原から見上げた扇平の草原はすごく爽やかそうに見えたのにいざここへ立ってみると、暑すぎて全く爽快じゃありません。

汗いっぱいかきながら扇平の真ん中に鎮座する『月見岩』へ到着。ここは小さな広場になっていて絶好の休憩地。足を止めると僅かに高原の風を感じてちょっぴりクールダウン。月見岩は見晴らしも利いて眼下に広がる甲府盆地や富士山を眺められるけれど、湧き出した雲のせいで何も見えず残念。月見岩から乾徳山を見上げると山頂部も急速に曇ってきたから、先を急ぐことにしましょう。

乾徳山夏8 国師ヶ原へ到着すると森が開けて眼前に乾徳山の南面が見えてきました!ちなみに山頂はもっと奥にあってここからは見えません。

乾徳山夏9 国師ヶ原を過ぎて扇平の登りに取り掛かると急斜面の連続でちょっとしんどい・・・でもあともう少しで樹林帯を抜けそうだ!。

乾徳山夏10 扇平のど真ん中に鎮座する月見岩。ここは富士山や甲府盆地の眺望が利いて絶好の休憩ポイントだ。

乾徳山夏11 期待した月見岩からの展望は雲と霞でイマイチ・・・天気はまあまあいいんだけどね。

乾徳山夏12 扇平から見上げると乾徳山南面がもう間近に。

乾徳山夏13 不思議なケルンに導かれながら扇平を越えて乾徳山の核心へ向かいます。

岩稜地帯に悪戦苦闘

扇平を過ぎて針葉樹林帯へ突入すると、これまでの登りとは一転して急斜面の登りが連続する山道になって一気にペースダウン。手足を使ってよじ登らないと越えられない斜面がいくつもあって必死になって乗り越えると、今度は岩場になって鎖場が現れたりとキツイ登りが連続。鎖をしっかり掴んで踏ん張って岩の上に立って景色を望むも、すっかりガスに包まれて何も見えずシュンとなって前進。

何度もこんな登りを続けるとついに乾徳山最後の難所、垂直の岩場の『天狗岩』が行く手を阻みます。高さ十数メートルはありそうな岩に掛る一本の鎖を手がかりに登っていきます。(ちなみに迂回路もあります。)

手でしっかり鎖をつかんで足を岩の割れ目に足を食い込ませ歯を食いしばりながら登り切った先は白い巨石が累々と積み重なった殺風景な空間が広がっていてここが乾徳山山頂でした。

乾徳山夏14 扇平の牧歌的な草原から一転、薄暗い岩場の急登にもうヘトヘト。

乾徳山夏15 急登を越えると今度は鎖場。一息つく間もありません。

乾徳山夏16 さっきまで居た扇平はすっかり遥か彼方へ。

乾徳山夏17 乾徳山山頂直下に立ちはだかる天狗岩の岩場。高所恐怖症の人には迂回路もあるので安心です。

乾徳山夏18 天狗岩を登り切って歩いて来た方向を振り返るとガスに包まれて展望はイマイチ。

乾徳山夏19 ゴツゴツした岩が積み重なった乾徳山山頂。

二度と歩きたくない下山道

乾徳山山頂は360度視界が開けていて、富士山や南アルプス、奥秩父の山々や甲府盆地の広がりを思う存分堪能出来るはずなのに、ガスに包まれ展望はゼロ。だから山頂に立ったのにあんまり嬉しくなくてテンションもダダ下がりですっかり意気消沈・・・。

北側へ目を向けるとこれから目指そうかと思っていた黒金山方面も厚い雲。まだ午前中なのに雲がもくもくと湧き出し動きが活発で雷雨になりそうな雰囲気だし、テンションも下がりっぱなしだった僕は黒金山へ向かうのを諦めて下山することにしました。

でも歩いて来た道をそのまま戻るのもつまらないと思ったので、山頂北側から国師ヶ原へ伸びる下山道を利用します。

山頂を離れて、標識の立つ小さな鞍部から西側へ伸びる下山道を下っていくと急傾斜のガレ場で、岩面はどれもヌルヌル濡れているから足を置くとツルンと滑ってしまってまともに歩くことが出来ません。

なんでも無い岩場の段差でも滑るから、ひざを地面についてかがみながら必死になっていると、思うように歩けない不満からイライラ感が増して来て『早くこんな所抜け出したい!』と心の中で絶叫しながら怒りの矛先を空へ向けるも、陰鬱な森に阻まれ一層イライラ感が増してくる無限地獄!

ひたすら耐えながら歩き続けていくと、傾斜が緩んで森を抜けて国師ヶ原に建つ高原ヒュッテ前へ降り立ちました。国師ヶ原まで降りればあとは普通に歩く事が出来る・・・!この瞬間に味わった安堵感、安心感は今でも忘れられません。

僕はこれからも乾徳山を登ると思うけど、多分この下山路は歩く事は無いだろうなぁ・・・。

そう思いながら見上げた国師ヶ原の空はすっかり曇ってしまい、登りの時に見た瑞々しい夏色の景色はすっかり失せていました。

乾徳山夏20 乾徳山の絶頂。

乾徳山夏21 見晴らしはいいけど生憎の曇天で展望は利かず残念。これから目指そうかと思っていた黒金山方面も厚い雲に覆われてきました。

乾徳山夏22 北から望んだ乾徳山は岩々していて厳しい。

乾徳山夏23 岩場を逸れると深い密林に覆われる下山道。

乾徳山夏24 ガレ場の急な下りが続く下山道は滑りやすくて本当に歩き辛いです。おまけに見晴らしも無く陰鬱な森歩きだから精神的に参りそう。

乾徳山夏25 下山道を下り切って国師ヶ原に立つ高原ヒュッテへ到着。ここまで来ればあとの下りは大したこと無いからほっと一安心。

乾徳山夏26 国師ヶ原にはあちこちでシカが居て、登山者を見ても素知らぬ顔。

乾徳山夏27 帰り際に見上げた乾徳山は空一面雲が広がり、登りの時に見た夏の鮮やかさは少し失われていました。

乾徳山地図

【コースタイム】

7:20駐車場→8:00銀晶水→8:40錦晶水→8:50国師ヶ原→9:20扇平・月見岩→10:15乾徳山山頂→11:55高原ヒュッテ→12:45駐車場

乾徳山関連記事

乾徳山は自然の変化に富んだ楽しい山だった
初秋漂う時期に山梨市三富地区から乾徳山を登山してみました。国師ケ原や扇平といった牧歌的な草原地帯や、険しい岩場や深い森といった多彩なフィールドが魅惑的な山です
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました