鐘撞堂山-陣見山-雨乞山-羅漢山。春の長瀞アルプスを駆ける(前編)

奥武蔵周辺

長瀞(ながとろ)アルプスとは、埼玉県寄居町と長瀞町を流れる荒川に沿って連なる標高3~600mほどの山の総称で、麓は国道や鉄道が整備されているので登山口へのアプローチが良く、豊富なコースと史跡名勝や神社仏閣が数多くあるので一年を通してハイキングや観光で賑わっています。

僕もそんな手軽な長瀞アルプスが大好きで身体慣らしや気分転換で良く訪れる山域です。

今回は桜咲く美しい季節に長瀞アルプス北部に連なる鐘撞堂山(かねつきどうやま:330m)・陣見山(531m)・雨乞山(510m)・羅漢山(247m)を歩いてみました。

登山した日-2019.4.13

1.ハイキング気分で鐘撞堂山

埼玉県大里郡寄居町側の登山口へ午前9時に到着。登山口からすぐ目の前に鐘撞堂山の山頂が望めました(写真中央あたり)。

登山道入り口。それでは出発!

登山道周辺は雑木林が広がっていて、ヤマツツジが林内を明るく彩る春らしい雰囲気に序盤から心躍ります。

明るくて歩きやすい登山道。でも進むに連れて階段状の急勾配の登りもあるのでちょっとしんどいかも。

登り始めておよそ10数分で鐘撞堂山山頂に立つ櫓(やぐら)が見えてきました。

鐘撞堂山頂直下まで来ると見晴らしが利いて、朝日に輝く寄居の街並みや新緑色の秩父の山並みが見えてテンションアップ。

登り始めておよそ20分ほどで鐘撞堂山山頂へ到着。ちょうど桜が満開だった!

2.桜に包まれた鐘撞堂山山頂

早速櫓の上へ立ってみよう!すると・・・。

展望がパッと開けてすばらしい展望が眼前に展開。たった20分歩いただけでこんな展望に巡り会えるなんて鐘撞堂山は素晴らしい!

満開の桜が好展望にいいアクセントを添えてくれる!

朝早いせいもあるのか山頂に人はまばらで静かに展望を楽しめました。鐘撞堂山頂を後にして次は円良田(つぶらた)集落経由で虎ヶ岡城跡を目指します。

3.里山の中を歩いて虎ヶ岡城跡へ

鐘撞堂山からいったん麓へ下山します。その道中に広がる雑木林が相変わらずキレイ。

分岐点へ到着。長瀞アルプスのコースのあちこちに分岐点があってコースの豊富さを感じることができます。

炭焼き小屋と鐘撞堂山。

円良田(つぶらた)集落へ一旦降りて、ここから虎ヶ岡城跡へ向けて登り返し。

途中にあったカタクリ群生地。

カタクリはすっかり花を散らしていて葉っぱだけでした。地面に広がる緑がカタクリの株です。

実をつけるカタクリ。またいつか春の日に花を見に来るよ!

4.好展望の虎ヶ岡城跡

カタクリ群生地を過ぎて程なくすると尾根道へたどり着きました。ここまで来れば虎ヶ岡城跡へはあと10分ほど。写真奥の道を歩いていけばたどり着きます。

虎ヶ岡城最後の登りは階段状の急勾配!今回歩いたコースで最もキツイ場所で結構しんどい。

息を切らして登り切った先に台地状の丘が見えてきました。あの上が虎ヶ岡城跡みたいだ。

丘の上には東屋とその向こうにいい感じの見晴らしがある!

虎ヶ岡城跡からこんな展望に巡り会えるなんて。群馬県の前橋高崎の街並みと、赤城山や日光の山々を一望できました。

虎ヶ岡城跡南側を向くと、秩父の山並みと眼下に荒川の流れを望むことができました。虎ケ岡城跡自体は土が盛り上がっただけのような遺構しか目に付かず、看板が無ければただの山頂にしか見えません。

地図

7:30登山口→7:50鐘撞堂山山頂→9:00虎ケ岡城跡→10:00陣見山→11:20雨乞山→12:30間瀬峠→13:30樋口駅→14:02波久礼駅→14:30少林寺→15:10鐘撞堂山→15:35下山 トータル8時間05分。※赤線が歩いたコース、青線が電車で移動したコース

登山口に10数台分の無料駐車場あり。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました